jalsa
記事・コラム
LASTUPDATE 2017.7.14

ニュース

【JaLSA夏季休暇のご案内】
夏季休暇のお知らせです。
期間:2017年8月7日(月)〜2017年8月18日(金)
何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

 

「第21回JaLSA関西教育・文化懇話会」
日時:平成29年7月12日(水)13:30〜17:00(13時受付)
会場:TKP大阪梅田駅前ビジネスセンター2階 カンファレンスルーム2A
1部:最近の入管情勢について(申請状況と在留管理)
講師:大阪入国管理局
2部:最新の外国人留学生の犯罪について
講師:大阪府警察本部組織犯罪対策部

「第21回JaLSA関西教育・文化懇話会」ご案内(PDFファイル)

 

「第22回進学フェア」
大学・専門学校の受付は終了いたしました。

 

「第39回JaLSA教育・文化懇話会」
日時:平成29年4月19日(水)14:30〜17:30
会場:中央大学駿河台記念館670号室
講師:(公財)入管協会 佐藤修専務理事(元大阪入国管理局長)
テーマ:最新の入管情報 
@ 外国人介護人材受入れの動向と分析について
A 学生募集・管理(中国・ネパール・ミャンマー・ベトナム等)について意見交換会
B その他(10月生申請の対策)

 

「第20回JaLSA関西教育・文化懇話会」
日時:平成29年4月13日(木)14:00〜17:00
会場:CIVI北梅田研修センター505
講師:(公財)入管協会 佐藤修専務理事(元大阪入国管理局長)
テーマ:最新の入管情報 
@ 外国人介護人材受入れの動向と分析について
A 学生募集・管理(中国・ネパール・ミャンマー・ベトナム等)について意見交換会
B その他(10月生申請の対策)

 

「第17回 語学留学生による日本語弁論大会」
主 催:関東甲信越地区日本語教育機関連絡協議会
後 援:法務省・外務省・文部科学省・神奈川県・横浜市国際局
朝日新聞横浜総局・読売新聞東京本社横浜支局
神奈川新聞社・tvk(テレビ神奈川)
(公財)入管協会・(一社)全国日本語学校連合会
(公財)かながわ国際交流財団
開催日:平成29年1月30日(月)
会 場:横浜市開校記念会館

8か国16人の留学生が日ごろの日本語研修の成果を競い、日本に来て学んだことや夢などを熱く発表しました。

【主な受賞者】
法務大臣賞
BANU MST RIKTAさん(バングラデシュ)弘堂国際学園

外務大臣賞
STACEY BIRDさん(アメリカ)翰林日本語学院

文部科学大臣賞
孫 毅然さん(中国)横浜国際教育学院

神奈川県知事賞
李 浩さん(中国)東京日語学院

全国日本語学校連合会理事長賞
徐 坤さん(中国)日本アニメ・マンガ専門学校日本語科

 

「第2回JaLSA北海道・東北地区懇話会」
日時:平成29年1月18日(水)14:00〜17:00
会場:仙都会館 会議室 5F−B
講師:(公財)入管協会 佐藤 修専務理事(元大阪入国管理局長)
テーマ:「最近の入管情勢について」
@ 平成28年7月22日に日本語教育機関の告示基準を策定 したことに伴う契約書の提出について
A アルバイトをめぐる諸問題について
B その他

 

「第18回JaLSA九州・沖縄地区懇話会」
日時:平成29年1月16日(月)14:00〜17:00 会場:カンファレンスASC 4A(4階)
講師:(公財)入管協会 佐藤 修専務理事(元大阪入国管理局長)
テーマ:「最近の入管情勢について」
@ 平成28年7月22日に日本語教育機関の告示基準を策定 したことに伴う契約書の提出について
A アルバイトをめぐる諸問題について
B バングラデシュ、ビザの発給状況について(現地調査報告)
C その他

 

「第19回JaLSA関西教育・文化懇話会」
日時:平成29年1月13日(金)14:00〜17:00
会場:TKP大阪梅田駅前ビジネスセンター2階 カンファレンスルーム2A
講師:(公財)入管協会 佐藤 修専務理事(元大阪入国管理局長)
テーマ:「最近の入管情勢について」
@ 平成28年7月22日に日本語教育機関の告示基準を策定 したことに伴う契約書の提出について
A アルバイトをめぐる諸問題について
B その他

 

【JaLSA年末年始休業のご案内】2016.12.9
年末年始休業のお知らせです。何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。
休業期間:2016年12月23日(金)〜2017年1月5日(木)

 

【留学に係る申請取次ぎ研修会のご案内】
◆東京会場
平成28年10月13日(木) 申込締切10月3日(月)
10時30分〜16時30分(受付開始9時30分〜)
TKP御茶ノ水会議室(池坊東京会館)5F(502、503号室)

◆大阪会場
平成28年10月27日(木) 申込締切10月17日(月)
10時30分〜16時30分(受付開始10時00分〜)
新大阪丸ビル別館1階 101号室
ご案内をご覧になりFAXにてお申込みください。

【大阪会場】申請取次ぎ研修会ご案内(PDF)

 

【第21回進学フェアのご案内】
第21回進学フェアを開催します。
大学・専門学校留学生担当者と日本語学校進学担当者で直接話ができるBtoBイベントです。
お申込みの上、是非ご参加ください。日本語学校の参加は無料です。
日時:平成28年10月24日(月)14:30〜17:30 (14:20〜開会の挨拶)
場所:TKP御茶ノ水会議室 大ホール(池坊東京会館6F) 
申込方法:申込用紙に必要事項を記入の上、進学フェア事務局までお申込みください。

日本語学校要綱・申込書(PDF)

 

【JaLSA夏季休暇のご案内】2016.7.8
夏季休暇のお知らせです。
期間:2016年8月11日(木)〜2016年8月21日(日)
何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

 

【第16回JaLSA九州・沖縄地区懇話会のご案内】
日時:平成28年4月14日(木)14:30〜17:00(14時受付)
会場:カンファレンスASC 5A(5階)
講師:(公財)入管協会 佐藤 修専務理事(元大阪入国管理局長)
テーマ:
@4月生の結果分析と10月生申請への対策
A外国人介護人材の受入れの動向と分析について
B学生募集・管理(中国・ネパール・ミャンマー・ベトナム等)について意見交換会
Cその他 会費:会員…無料 非会員…2,000円/人 定員:40名

九州・沖縄地区懇話会案内(PDF)

 

【第15回JaLSA関西教育・文化懇話会のご案内】
日時:平成28年4月13日(水)14:30〜17:00(14時受付)
会場:TKP大阪梅田ビジネスセンター6B(6階)
講師:(公財)入管協会 佐藤 修専務理事(元大阪入国管理局長)
テーマ:
@4月生の結果分析と10月生申請への対策
A外国人介護人材の受入れの動向と分析について
B学生募集・管理(中国・ネパール・ミャンマー・ベトナム等)について意見交換会
Cその他 会費:会員…無料 非会員…2,000円/人 定員:40名

関西懇話会案内(PDF)

 

「第2回日本語教育機関新設校研修会」のご案内
平成25年以降に法務省から告示を受けた日本語教育機関を対象に研修会を行ないます。
日時:平成28年2月15日(月)13:00〜18:00(12:30受付)
会場:TKP御茶ノ水会議室 505号室
テーマ:
@日本語教育機関の現状と今後の展望(13:00〜14:30)
講師:JaLSA 坂本順一常務理事
A日本語教育機関の教務実務と学生管理(14:45〜16:15)
講師:JaLSA 本田幸雅理事
B入管行政から見た今後の留学生の在留管理(16:30〜18:00)
講師:(公財)入管協会 佐藤修専務理事

 

【VJEEC 休暇のご連絡】
ベトナム旧正月(テト)に伴い、下記期間VJEECは休暇となります。
休暇期間 : 2016年2月4日 〜 2月15日

 

「第32回JaLSA教育・文化懇話会及び平成28年賀詞交歓会」のご案内
日 時:平成28年1月21日(木)16:00〜20:00(受付:15:30〜)
会 場:中央大学駿河台記念館(東京都千代田区神田駿河台3-11-5  TEL 03-3292-3111)
第1部:「第32回JaLSA教育・文化懇話会」
会 場:330号室 16:00〜18:00 テーマ:「中国リスクとどう向き合うか」
講 師:日本経済新聞社論説副委員長・日本経済新聞元中国総局長 飯野克彦氏
第2部:「平成28年賀詞交歓会」
会 場:610号室 18:00〜20:00
会 費:6,000円/人(会費は第1部会場にてお支払いください)
定 員:50名

申込用紙に必要事項をご記入の上、ご返送ください。またメールにてのご連絡も受け付けております。
申込書(PDF)

 

【JaLSA年末年始休業のご案内】2015.12.9
年末年始休業のお知らせです。何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。
休業期間:2015年12月23日(水)〜2016年1月6日(木)

 

【留学に係る申請取次ぎ研修会のご案内】
◆東京会場
平成27年10月9日(金) 申込締切9月30日(水)
10時30分〜16時30分(受付開始9時30分〜)
中央大学駿河台記念館280号室

◆大阪会場
平成27年10月23日(金) 申込締切10月13日(火)
10時30分〜16時30分(受付開始10時00分〜)
新大阪丸ビル別館3階 3-5
ご案内をご覧になりFAXにてお申込みください。

【大阪会場】申請取次ぎ研修会ご案内[PDF]

 

【第19回進学フェアのご案内】
第19回進学フェアを開催します。
大学・専門学校留学生担当者と日本語学校進学担当者で直接話ができるBtoBイベントです。
お申込みの上、是非ご参加ください。日本語学校の参加は無料です。
日時:2015年10月28日(水)14:30〜17:30 (14:20〜開会の挨拶)
場所:中央大学駿河台記念館281号室 
申込方法:申込用紙に必要事項を記入の上、進学フェア事務局までお申込みください。

日本語学校要綱・申込書[PDF]

 

【第7回「日本語大賞」作品募集のお知らせ】2015.7.17
特定非営利活動法人日本語検定委員会主催作文コンテストがございます。
是非ご応募ください。

日本語大賞のお知らせ(PDF)

 

【第13回JaLSA関西教育・文化懇話会のご案内】
日時:平成27年7月6日(月)14:00〜17:00(13:30受付)
会場:梅田スカイビル会議室F会議室(タワーウエスト22階)
講師:大阪府警察本部 犯罪組織対策部
テーマ:最近の外国人犯罪について
意見交換会:
@ 4月生.7月生の結果分析と今後の対策について
A 日本語学校と専門学校との連携について

 

【ネパール被災地域への義捐金募金活動へのご協力ありがとうございました】2015.6.11
皆様からお預かりしたネパール被災地域への義捐金につきましては、2015年6月3日(水)日本赤十字社を訪問し、 直接手渡しました。

義捐金総額:3,282,360円

ご協力ありがとうございました。被災地に1日も早く穏やかな日々が戻ります事を心よりお祈りいたします。

ネパール被災募金

 

【第13回九州・沖縄地区懇話会のご案内】
日時:平成27年 6月19日(月)14:30〜17:30
場所:カンファレンスASC 5B(5階)
テーマ:
@ 4月生・7月生の在留結果分析と10月生の募集状況 
A MERSについて  
B 平成27年度JaLSA活動計画について
C ネパール・バングラデシュ報告  
D その他意見交換会
申込書 (第13回九州懇話会案内。pdf)


【第18回進学フェアのご案内】
第18回進学フェアを開催します。
大学・専門学校留学生担当者と日本語学校進学担当者で直接話ができるBtoBイベントです。
お申込みの上、是非ご参加ください。日本語学校の参加は無料です。

日時:2015年6月26日(金)14:30〜17:30 (14:20〜開会の挨拶)
場所:中央大学駿河台記念館281号室 
申込方法:申込用紙に必要事項を記入の上、進学フェア事務局までお申込みください。

日本語学校要綱・申込書(PDF)

 

【第30回JaLSA教育・文化懇話会のご案内】
日時:平成27年5月25日(月)17:30〜20:00(受付17:00〜)
会場:中央大学駿河台記念館510号室
第1部:中国の若者のものの考え方と中国の最新情報
講 師:森安 健氏(日本経済新聞社編集局NAR編集部記者)
第2部:最近の入管動向・学生募集について意見交換会
会費:JaLSA会員…2,000円(1名) 非会員…3,000円(1名)
定員:40名

★17時〜17時30分に軽食をご用意いたします。
5月20日(水)までにFAXまたはメールでお申込みください。
第30回JaLSA教育・文化懇話会ご案内(PDF)

 

【VJEEC休暇のご案内】
ベトナム祝日に伴い、下記期間 VJEECは休暇となります。
≪休暇期間≫
2015年4月25日(土)〜5月3日(日)
【5月1日分JaLSA定期便について】
5月8日発送になります。

 

【第12回JaLSA 九州・沖縄懇話会のご案内】
日時:平成27年3月7日(土)・8(日) 
場所:沖縄県男女共同参画センター
テーマ:
@ 平成27年4月生の結果分析と7月生・10月生申請への対策
A 学生募集・管理(中国・ネパール・ミャンマー・ベトナム)について意見交換会
B その他
★九州・沖縄地区の会員校のみ参加受付中

 

【第12回JaLSA 関西教育・文化懇話会のご案内】
日時:平成27年3月9日(月)15:00〜18:00(受付:14:30)
場所:ECC国際外語専門学校2号館 講師:(公財)入管協会専務理事 佐藤 修氏
テーマ:
@ 平成27年4月生の結果分析と7月生・10月生申請への対策
A 外国人介護人材受入れの在り方について
B 学生募集・管理(中国・ネパール・ミャンマー・ベトナム)について意見交換会
C その他 会費:JaLSA会員:無料  非会員:2,000円(1名)
第12回関西懇話会案内 [PDF]

 

【第2回JaLSA 中部地区教育・文化懇話会のご案内】
日時:平成27年3月10日(月)13:30〜16:30(受付:13:00)
場所:オフィスパーク菱信ビル 2F 204号室 講師:(公財)入管協会専務理事 佐藤 修氏
テーマ:
@ 平成27年4月生の結果分析と7月生・10月生申請への対策
A 外国人介護人材受入れの在り方について
B 学生募集・管理(中国・ネパール・ミャンマー・ベトナム)について意見交換会
C その他 会費:JaLSA会員:無料  非会員:2,000円(1名) 定員 :20名
第2回中部地区懇話会案内 [PDF]

 

【第29回JaLSA教育・文化懇話会のご案内】
日時:平成27年3月17日(火)15:00〜18:00(受付:14:30)
場所:中央大学駿河台記念館 670号室 講師:(公財)入管協会専務理事 佐藤 修氏
テーマ:
@ 平成27年4月生の結果分析と7月生・10月生申請への対策
A 外国人介護人材受入れの在り方について
B 学生募集・管理(中国・ネパール・ミャンマー・ベトナム)について意見交換会
C その他 会費:JaLSA会員:無料  非会員:2,000円(1名) 定員 :100名
第29回懇話会案内 [PDF]

 

【VJEEC(ベトナム日本教育交流センター)休暇のご案内】
ベトナムが旧正月のため下記期間休業いたします。
平成27年2月14日〜平成27年2月22日まで

 

【「平成27年賀詞交歓会及び第28回JaLSA教育・文化懇話会」のご案内】2015.1.13
平成27年のJaLSA賀詞交歓会とJaLSA教育・文化懇話会を下記の要項にて開催いたします。
ご多忙のことと拝察いたしますが、万障お繰り合わせの上ご出席くださいますようご案内申しあげます。
申込用紙に必要事項をご記入の上、ご返送ください。またメールにてのご連絡も受け付けております。

日 時 :平成27年1月22日(木)16:00〜19:00(受付 15:30〜)
会 場:中央大学駿河台記念館

第1部:「第28回JaLSA教育・文化懇話会」
会 場:330号室 16:00〜17:15 テーマ:「今年の景気の見通しについて」
講 師:産経新聞特別記者・編集委員兼論説委員 田村秀男氏

第2部:「平成27年賀詞交歓会」
会 場:1Fレストランプリオール 17:30〜19:00

会 費:5,000円(会費は第1部会場にてお支払ください)

申込用紙[PDF]


【「第11回JaLSA九州懇話会」のご案内】
日 時:平成27年1月16日(金)15:00〜18:00(受付14:45〜)
会 場:サンライフ第3会議室 B501号室
テーマ:〜週刊新潮の「ベトナム留学生の実態」記事から考える〜
「留学生30万人」計画と日本語学校の未来について意見交換会
会 費:JaLSA会員:無料  非会員:2,000円
定 員:20名(先着順受付・参加受付後にメールにて返信いたします)


【「第11回JaLSA関西懇話会」のご案内】
日 時:平成27年1月15日(金)15:00〜18:00(受付14:30〜)
会 場:大阪梅田 ECC国際外語専門学校 2号館
テーマ:〜週刊新潮の「ベトナム留学生の実態」記事から考える〜
「留学生30万人」計画と日本語学校の未来について意見交換会
会 費:JaLSA会員:無料  非会員:2,000円

 

【JaLSA年末年始休業のご案内】2014.12.8
年末年始休業のお知らせです。何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。
休業期間:2014年12月23日〜2015年1月6日

 

【新春 恒例 鏡開き式・武道始めのご案内】
日本の文化・伝統武道9種目を一日でご覧いただける貴重な機会です。
平成27年1月12日(月・祝)正午開会 観覧無料
会場:日本武道館大道場
主催:公益財団法人 日本武道館
お問い合わせ:(公財)日本武道館振興課 TEL03-3216-5134

 

【第17回進学フェア開催のご案内】
平成261029日(水)
1430分〜1730分(受付開始1400分〜)
中央大学駿河台記念館281号室
日本語学校要綱申込書[PDF]

 

【留学に係る申請取次ぎ研修会のご案内】
◆東京会場
平成261010日(金) 申込締切930日(火)
1030分〜1630分(受付開始930分〜)
中央大学駿河台記念館370号室

◆大阪会場
平成261017日(金) 申込締切103日(金)
1030分〜1630分(受付開始1000分〜)
大阪梅田 ECC国際外国専門学校日本語学科2号館502教室
各会場のご案内をご覧になりFAXにてお申込みください。

【東京会場】取次ぎ研修会ご案内[PDF]

【大阪会場】取次ぎ研修会ご案内[PDF]

 

【嘆願書提出】2014.8.29
平成26年8月19日(火) 下村文部科学大臣へ嘆願書を提出いたしました。
<出席者>
文部科学省側・・・下村大臣、渡辺留学生課長、今泉大臣秘書官、白鳥専修学校教育振興室長ほか
JaLSA側・・・荒木理事長、長岡理事
<嘆願書内容>
1)日本語教育機関の学生に対する奨学金の支援について
2)会社組織の日本語教育機関の法人化に関し、地方公共団体の取り扱いの均一化について
3)日本語教育機関の留学生のための宿舎の提供について


【法務省告示校一覧 平成26年(2014)】 2014.8.29

このたび『2013年版 法務省告示校一覧』を作成いたしました。法務省の「告示された日本語教育機関等(http://www.moj.go.jp/content/000107266.pdf)」ファイルと『官報』を基とし、住所や電話番号、定員等を加筆して作成したものです。
御承知の通り、日本語学校にとって法務省の「告示」は大きな意味を持ちますが、海外の学校では告示校に関する情報が得にくい場合もあるようです。従って、告示校一覧を海外の学校の先生方や学生たちに示すことは、非常に有意義であると考えます。
誤入力等がないように十分注意を払いましたが、万が一、記載漏れや間違いなどがありましたら、恐れ入りますが、全国日本語学校連合会事務局までご一報くださいますようお願いいたします。

 

【JaLSA夏期休暇のご案内】2014.7.31
JaLSAより夏期休暇のご案内です。
■2014年8月8日〜8月18日
どうぞよろしくお願いいたします。

 

【第6回「日本語大賞」作品募集のお知らせ】2014.7.31
特定非営利活動法人日本語検定委員会主催作文コンテストがございます。是非ご応募ください。
日本語学校へのご案内(PDFファイル)

 

第16回JaLSA進学フェア開催のご案内
お陰様で、多くの大学・専門学校よりお申込み頂き、大学・専門学校ブースの受付は終了いたしました。
日本語学校については申込受付中です。是非ご参加ください。

日時:2014年6月25日(水) 13時30分〜17時30分(受付開始:13時00分〜)
場所:中央大学駿河台記念館281号室
日本語学校要綱・申込書(PDF)

 

【陳情書を提出】2014.3.13
2月27日 JaLSA理事長荒木をはじめ副理事長泉岡、常務理事坂本が自由民主党本部を訪問し、高村正彦自民党副総裁に陳情書を提出しました。皆様からの消費税に対する署名をふまえ、日本語教育機関に対する消費税非課税化と、奨学金の支援の拡充の陳情をし、高村先生より助言をいただきました。

 

【ベトナム教育認証制度 認証申込について】 2014.217
2月7日よりVJEECでの認証受付が始まっております。
<これまでの認証機関(CEPECE)での新規受付は行なっておりません>
詳細は「ベトナム教育認証制度」のページをご覧ください。

 

【海外留学生に対する消費税課税の是正を求める署名のお願い】2013.12.20
93団体 5870名の著名をいただきました。ご協力ありがとうございました。 近日中に提出予定です。

 

【第8回 JaLSA九州懇話会】
■ 日 時: 平成26年1月27日(月)14:00 〜 17:00(受付:13:45〜)
■ 会 場: 林英ビル 会議室 Bホール
(福岡市博多区博多駅前3-13-1 TEL.092-411-9033)
■ 第一部: 留学生をはじめとする外国人犯罪の現状とその対策(14:00〜15:00)
講師:福岡県警外事課 課長補佐 秦 友喜氏
第二部: 最新の入管及び留学事情についての意見交換会(15:10〜)

 

【JaLSA関西地区経営者、校長会議・懇親会】
■ 日 時: 平成26年1月30日(木)・31日(金)
■ 場 所: 犬鳴山温泉 不動口館
〒598-0023 大阪府泉佐野市大木7番地 電話:072-459-7326
HP:http://www.fudouguchikan.com/
大阪府阪和線日根野駅下車 南海バス又は送迎バス(15分)

 

【留学生通信特別号「アジアの風・中東の嵐」の発行について】2014.1.8
この度JaLSAでは『留学生通信特別号 アジアの風・中東の嵐』を発行致しました。HPにて発信しております記事「アジアの風・中東の嵐」を冊子にしました。是非ご一読ください。また、1冊800円での販売も致しております。ご購入希望の方は事務局までご連絡ください。

 

【「平成26年賀詞交歓会及び第25回JaLSA教育・文化懇話会」のご案内】2013.12.20
平成26年のJaLSA新年賀詞交歓会とJaLSA教育・文化懇話会を下記の要項にて開催いたします。
ご多忙のことと拝察いたしますが、万障お繰り合わせの上ご出席くださいますようご案内申しあげます。申込用紙に必要事項をご記入の上、ご返送ください。またメールにてのご連絡も受け付けております。

■ 日 時 : 平成26年1月17日(金)
■ 会 場 : 中央大学駿河台記念館(東京都千代田区神田駿河台3-11-5  TEL 03-3292-3111)

■ 第1部 : 「第25回JaLSA教育・文化懇話会」
■ 会 場 : 510号室 16:00 〜 17:30 (受付:15:30〜)
■ テーマ : 「アベノミクスの検証と消費税増税を含む今後の経済状況」
■ 講 師 : 産経新聞特別記者・編集委員兼論説委員 田村秀男氏

■ 第2部 : 「平成26年賀詞交歓会」
■ 会 場 : 620号室 17:40〜19:00

■ 会 費 : 5,000円(会費は第1部会場にてお支払いください)

申込用紙(PDFファイル)

 

【海外留学生に対する消費税課税の是正を求める署名のお願い】2013.12.20
この度一般社団法人全国日本語学校連合会(JaLSA)では、株式会社立、個人立等の日本語教育機関においても、学校法人立等の日本語教育機関の留学生の学費と同様に消費税を非課税としていただくよう、自由民主党安倍晋三総裁、関係省庁等へ陳情又は請願をする予定です。
賛同頂ける方は、下記ファイルをダウンロードして頂き、御署名を郵送にてお送りください。ご協力お願いいたします。


陳情書(PDFファイル)

消費税署名簿(PDFファイル)

 

【義捐金募集活動にご協力ありがとうございました】2013.12.20
JaLSAでは会員の皆様からフィリピンでの台風30号による被害に対し緊急義捐金募集活動をお願いし、皆様からお預かりした義捐金をフィリピン大使館へ送金させていただきました。

義捐金総額:940,445円

皆様のご理解とご協力ありがとうございました。

 

【JaLSA年末年始休業のご案内】2013.11.29
年末年始休業のお知らせです。何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。
休業期間:2013年12月21日〜2014年1月5日

 

【第15回JaLSA進学フェア参加申込】 2013.9.18
日本語学校の進学相談者と大学・専門学校の学生募集担当者を結ぶBtoBイベントです。
過去14回の進学フェアでは多数の大学・専門学校・日本語学校が参加し、大変好評を頂いております。
是非ご参加ください。また、進学フェア終了後懇親会も予定しております。
開催日時:2013年10月30日(水)14:20〜17:30
会場:中央大学駿河台記念館281号室(東京・御茶ノ水)
お問い合わせ:JaLSA進学フェア事務局 翰林日本語学院
担当:長岡陽子
TEL:045-983-2228 FAX:045-983-5373
詳細は下記のご案内をご覧ください。
日本語学校用案内(PDFファイル)
大学専門学校用案内(PDFファイル)

 

【留学生通信第5号の発行について】2013.9.18
この度JaLSAでは『留学生通信第5号』を発行致しました。HPにて発信しております記事・コラムや、JaLSA教育文化懇話会の講演内容などを掲載しております。是非ご一読ください。また、1冊800円での販売も致します。ご購入希望の方は事務局までご連絡ください。

 

【第24回JaLSA教育文化懇話会のご案内】2013.8.30
■日 時: 平成25年9月5日(木)14:00〜17:00 (受付:13:30〜)
■会 場: 中央大学駿河台記念館  670号室
■会 費: 1,000円/1人 (コーヒー・軽食をご用意いたします)
■テーマ:
:第1部:意見交換会
@4月生の学生募集について
Aベトナム、ネパール等学生管理と指導について
B消費税と各種学校について
C留学生保険について
第2部:4・7月生の状況と10月生の結果分析
■講 師: 入管協会 佐藤修専務理事(元大阪入管局長)
第24回JaLSA教育・文化(PDFファイル

 

 

【第8回関西懇話会のご案内】2013.8.30
■日 時  : 平成25年9月11日(水)15:00〜17:00 (受付13:30〜)
■会 場  : 大阪梅田 ECC国際外語専門学校 2号館
(〒530-0015 大阪市北区中崎西1-5-11 TEL.06-6372-1444)
■会費   : 会員 無料  非会員2,000円
■テーマ  : 4月・7月生の状況と10月生の結果分析と質疑応答
■講師   :(財)入管協会 佐藤修専務理事(元大阪入管局長)
申込書(関西)

 

 

【第5回「日本語大賞」作品募集のお知らせ】2013.8.30
特定非営利活動法人日本語検定委員会主催作文コンテストがございます。是非ご応募ください。

日本語学校へのご案内(PDFファイル)

 

 

【JaLSA夏期休暇のご案内】2013.8.6

JaLSAより夏期休暇のご案内です。

■2013年8月10日〜8月19日

どうぞよろしくお願いいたします。

 


【第7回JaLSA九州及び関西懇話会のご案内】2013.8.6
第7回九州懇話会、及び第7回関西懇話会が下記の日程で開催されます。
会員の皆様でご参加ご希望の方は事務局までご連絡ください。

第7回九州懇話会
■ 日 時: 平成25年8月21日(水)          
14:00 〜 17:00(受付:13:45〜)
■ 会 場: 「えきまえ いきいきひろば」2号室
(〒850−0057 長崎市大黒町3−1 交通会館3階 
JR長崎駅より徒歩1分  TEL 095(822)4101)
■ テーマ:1、4月生学生募集、学生管理等についての意見交換会
申込書(九州)

第7回関西懇話会
■ 日 時: 平成25年8月23日(金)14:00 〜 17:00
■ 会 場: 大阪梅田 ECC国際外語専門学校 2号館
(〒530-0015 大阪市北区中崎西1-5-11 TEL.06-6372-1444)
■ テーマ: 1、4月生学生募集、学生管理等についての意見交換会
申込書(関西)

 

【ベトナム教育訓練省休暇のご案内】2013.7.4

ベトナム教育訓練省より休暇のご連絡がありましたのでご連絡申し上げます。認証発行業務も期間中は行なわれませんので、ご利用の際はお早めにお願いいたします。

■2013年7月16日〜7月21日

■JaLSAへの定期便について
毎月16日に発送しております、認証定期便につきましては、7月15日にベトナム教育訓練省から発送されます。

 

【法務省告示校一覧 2013】2013.7.4

このたび『2013年版 法務省告示校一覧』を作成いたしました。法務省の「告示された日本語教育機関等(http://www.moj.go.jp/content/000107266.pdf)」ファイルと『官報』を基とし、住所や電話番号、定員等を加筆して作成したものです。
御承知の通り、日本語学校にとって法務省の「告示」は大きな意味を持ちますが、海外の学校では告示校に関する情報が得にくい場合もあるようです。従って、告示校一覧を海外の学校の先生方や学生たちに示すことは、非常に有意義であると考えます。

誤入力等がないように十分注意を払いましたが、万が一、記載漏れや間違いなどがありましたら、恐れ入りますが、全国日本語学校連合会事務局までご一報くださいますようお願いいたします。

 

【第14回JaLSA進学フェア参加申込】
日本語学校の進学相談者と大学・専門学校の学生募集担当者を結ぶ日本で唯一のBtoBイベントです。過去13回の進学フェアでは多数の大学・専門学校・日本語学校が参加し、大変好評を頂いております。是非ご参加ください。また、進学フェア終了後懇親会も予定しております。

開催日時:2013年6月24日(月)14:20〜17:30
会場:中央大学駿河台記念館281号室(東京・御茶ノ水)
お問い合わせ:JaLSA進学フェア事務局 翰林日本語学院 担当:長岡陽子
TEL:045-983-2228 FAX:045-983-5373
詳細は下記のご案内をご覧ください。

日本語学校用案内(PDF) 

大学専門学校用案内(PDF)

 

【第23回JaLSA教育・文化懇話会のご案内】

中国、韓国も新体制となり、落ち着きをみせておりますが、日中韓は様々な問題で絡み合っており、3カ国の間の政治情勢はアジアから世界まで影響を与えます。そこで、「第23回JaLSA教育・文化懇話会」ではジャーナリストの宇田川敬介氏をお迎えし、お話を伺います。宇田川氏は近著に『2014年、中国は崩壊する』、『日本人が知らない「新聞」の真実』などがあり、ご活躍されております。どうぞご参加くだい。

■ 日 時: 平成25年5月24日(金)          
17:00 〜 19:00 (受付:16:30〜)
■ 会 場: 中央大学駿河台記念館  560号室
■ 会 費: ・ JaLSA会員 無料  ・ 非会員 1,000円/1人
■ テーマ: 中国、韓国の新体制と日中韓の行方
■ 講 師: 宇田川 敬介 氏 (ジャーナリスト)


申込用紙(PDFファイル)

 

【第6回JaLSA九州及び関西懇話会】2013.4.15
第6回九州懇話会、及び第6回関西懇話会が下記の日程で開催されます。
会員の皆様でご参加ご希望の方は事務局までご連絡ください。

第6回JaLSA九州懇話会
■日 時: 平成25年4月19日(金)          
14:00 〜 17:00(受付:13:45〜)
■会 場: 林英ビル 会議室 Bホール
(福岡市博多区博多駅前3-13-1 TEL.092-411-9033)
■テーマ:最新の入管情報及び意見交換会
■講 師: 財団法人 入管協会専務理事 佐藤修先生


第6回JaLSA関西懇話会
■日 時: 平成25年4月26日(金)14:00 〜 17:00
■会 場: 大阪梅田 ECC国際外語専門学校
(〒530-0015 大阪市北区中崎西1-5-11 TEL.06-6372-1444)
■テーマ: 最新の入管情報及び意見交換会
■講 師: 財団法人 入管協会専務理事 佐藤修先生

 

【ベトナム教育訓練省HP復旧について】2013.3.12
ベトナム教育訓練省のHPが復旧いたしました。

ベトナム教育訓練省HPアドレス
http://cepece.edu.vn

 

【第22回JaLSA教育・文化懇話会のご案内】2013.3.12
今回のJaLSA教育・文化懇話会では(財)入管協会の佐藤修先生をお迎えし、最新の入管情報といたしまして、4月期生の中間報告及び7、10月期生への対策等のお話を伺います。又今後の募集対策について意見交換も行なう予定です。

■日 時: 平成25年3月18日(月)15:00〜17:45 (受付:14:30〜)
■会 場: 中央大学駿河台記念館  510号室
■会 費: ・JaLSA会員 無料 ・非会員 2,000円/1人
■テーマ: 第1部:最新の入管情報
講師:財団法人入管協会専務理事 佐藤 修 先生(元大阪入国管理局局長)
第2部:その他 意見交換会
■定 員: 50名(先着順受付・参加受付後メールにて返信いたします)

申込用紙

 

【平成24年度留学生交流総合推進会議のご案内】2013.2.19

文部科学省学生・留学生課から平成24年度「留学生交流総合推進会議」の開催のお知らせがございましたのでご案内致します。



○会議名等
会議名:平成24年度留学生交流総合推進会議
〜地域における留学生支援の取組と課題〜
主催:文部科学省

○開催期日等
期日:3月8日(金) 
会場:東京国際交流館プラザ平成(江東区青海2−2−1)
定員:300名

○スケジュール
13:00〜13:10  開会挨拶(文部科学省)
13:10〜13:50  基調講演
13:50〜14:05  休憩・移動
14:05〜15:35  分科会
第1分科会 留学生への修学・生活支援
第2分科会 留学生への就職支援
第3分科会 留学生への地域交流
15:50〜16:30  全体会(各分科会からの報告)
16:30〜16:40  閉会挨拶(文部科学省)

○参加お申し込み
インターネットでお申し込みいただきます。
2月15日(金)から受け付けます。
こちらのWEBページをご参照ください。
http://www.jasso.go.jp/scholarship/h24_suishinkaigi.html

 

 

【ベトナム教育訓練省正月休暇のご案内】2013.1.17
ベトナム教育訓練省より正月休暇の連絡がありましたのでご連絡申し上げます。
認証発行業務も期間中は行なわれませんので、ご利用の際はお早目にお願いいたします。

■休暇期間
2013年2月9日〜18日
*現地大学・高校も同時期は休みになるとの事です。

■JaLSAへの定期便について
2013年2月16日の定期便(ベトナムから発送)は、2月22日に変更になります。

 

【平成25年賀詞交歓会及び第21回JaLSA教育・文化懇話会のご案内】2012.12.17
平成25年のJaLSA新年賀詞交歓会と第21回JaLSA教育・文化懇話会を下記の要項にて開催いたします。
日中関係悪化の中、中国では習近平を中心とする新体制が発足しました。今後の日中関係につきましては、日本語教育機関の皆様の関心も深いと思われます。そこで、「これからの日中関係を考える」という題で日経新聞論説委員、元北京総局長の飯野克彦氏をお招きしお話しを伺います。
また、教育・文化懇話会終了後、引き続き新年賀詞交歓会を行ないます。万障お繰り合わせの上ご出席くださいますようご案内申し上げます。

日時: 平成25年1月17日(木)
会場: 中央大学駿河台記念館

第1部:「第21回JaLSA教育・文化懇話会」
会場: 330号室 15:30〜17:30
テーマ: 「これからの日中関係を考える」
講師: 日本経済新聞 論説委員 元北京総局長 飯野克彦氏

第2部:「平成25年賀詞交歓会」
会場: 670号室 18:00〜19:30

会費: 5000円

申込用紙(PDFファイル)

 

【第8回JaLSA日本語教育研究ゼミのご案内】2012.11.23
第8回日本語教育研究ゼミは獨協大学国際教養学部言語文化学科教授、中西家栄子先生に「これからの日本語教育」についてお話し頂きます。当日は日本語教師の抱える問題についてのグループワークも予定しております。多数の教務の先生方のご参加をお待ちしております。

テーマ:第1部「これからの日本語教育」 第2部グループワーク
日時:平成25年1月25日(金) 15:00〜18:00(14:30〜受付)
場所:中央大学駿河台記念館 330号室
講師:獨協大学国際教養学部言語文化学科教授 中西家栄子先生
会費:JaLSA会員:1000円 非会員:2000円
定員:40名
申込用紙(PDFファイル)

 

【留学生通信第4号の発行について】2012.11.23
この度JaLSAでは『留学生通信第4号』を発行致しました。HPにて発信しております記事・コラムや、JaLSA日本語教育研究ゼミ、JaLSA教育文化懇話会の講演内容などを掲載しております。JaLSA会員、賛助会員の皆様には近日中にお手元に届くと思いますのでどうぞ御高覧下さい。 また、1冊800円での販売も致します。ご購入希望の方は事務局までご連絡ください。

 

【栃乃洋引退 竹縄襲名 披露大相撲に参加された学校様へ】2012.10.10
平成24年9月29日に行なわれました栃乃洋引退相撲は新横綱日馬富士の土俵入りもあり盛大に無事終了いたしました。JaLSA特別席でご観覧頂いた学校の皆様、ありがとうございました。また、次の機会がございましたらご連絡いたしますのでよろしくお願いいたします。

 

【第13回JaLSA進学フェア参加申し込み開始】2012.9.14
日本語学校の進学相談者と大学・専門学校の学生募集担当者を結ぶ日本で唯一のBtoBイベントです。過去12回の進学フェアでは多数の大学・専門学校・日本語学校が参加し、大変好評を頂いております。是非ご参加ください。また、進学フェア終了後懇親会も予定しております。

開催日時:2012年10月24日(水)14:20〜17:30
会場:中央大学駿河台記念館281号室(東京・御茶ノ水)
お問い合わせ:JaLSA進学フェア事務局 翰林日本語学院 担当:長岡陽子
TEL:045-983-2228 FAX:045-983-5373
詳細は下記のご案内をご覧ください。

日本語学校用案内(PDF)

大学専門学校用案内(PDF)

 

【第20回JaLSA教育・文化懇話会のご案内】2012.8.30
今回のJaLSA教育・文化懇話会は「ベトナム人のものの見方、考え方」について、東京農工大学准教授竹内郁雄先生にお話し頂きます。
近年ベトナムからの留学生は増加しています。学校経営者並びに教務の先生方のご参加をお待ちしております。

テーマ:「ベトナム人のものの見方、考え方」
日時:平成24年9月11日(火) 17:30〜19:30(受付:17:00)
場所:中央大学駿河台記念館330号室
講師:東京農工大学准教授 竹内郁雄先生
会費:JaLSA会員 無料 非会員 1000円
定員:50名

申し込み用紙

 

【第7回JaLSA日本語教育研究ゼミのご案内】2012.7.10
第7回JaLSA日本語教育ゼミは文部科学省高等教育局学生・留学生課松尾課長にお話し頂きます。奮ってご参加ください。

テーマ:「我が国の留学生受入れ政策について」
日時:平成24年7月20日(金) 17:00〜19:00
場所:中央大学駿河台記念館
講師:文部科学省 高等教育局学生・留学生課 課長 松尾泰樹氏
会費:JaLSA会員 無料 非会員 1000円
定員:50名

申し込み用紙

 


【第4回JaLSA関西及び九州懇話会のご案内】2012.7.10
第4回関西、九州懇話会を開催いたします。今回も財団法人入管協会専務理事佐藤修先生(元大阪入管局長)をお招きし、「新たな在留管理制度について」お話し頂き、その後意見交換会を行ないます。関西、九州地区の日本語教育機関の皆様のご参加お待ちしております。

関西懇話会
日時:平成24年7月18日(水)16:00〜18:00
場所:清風情報工科学院 日本語科
関西申し込み用紙

九州懇話会
日時:平成24年7月23日(月)14:00〜17:00
場所:林英ビルBホール
九州申し込み用紙

 

【第19回JaLSA教育・文化懇話会のご案内】2012.5.7
第19回JaLSA教育・文化懇話会は産経新聞社特別記者・編集委員兼論説委員の田村秀男先生をお招きし、『欧州危機と日本・中国経済の動向』をテーマに開催いたします。奮ってご参加ください。

テーマ:「欧州危機と日本・中国経済の動向」
日時:24年5月22日(火)18:00〜20:00
場所:中央大学駿河台記念館620号室
講師:産経新聞社特別記者・編集委員兼論説委員 田村秀男先生
会費:JaLSA会員 無料 非会員:2000円
定員:50名


申込み用紙(PDF)

 

【第12回JaLSA進学フェア 参加申し込み開始】2012.4.24
日本語学校の進学相談者と大学・専門学校の学生募集担当者を結ぶ日本で唯一のBtoBイベントです。是非ご参加ください。
また、進学フェア終了後懇親会を予定しております。

開催日時:2012年6月21日(木)14:20〜17:30
会 場:中央大学駿河台記念館281号室(東京・御茶ノ水)
お問い合わせ:JaLSA進学フェア事務局 翰林日本語学院 担当:長岡陽子
TEL:045-983-2228 FAX:045-983-5373

詳細は下記のご案内をご覧ください。

日本語学校用案内(PDF)

大学・専門学校用案内(PDF)

 

【法務省告示校一覧】2012.2.25

このたびJaLSAにて『法務省告示校一覧』を作成いたしました。
この一覧は法務省の「告示された日本語教育機関等(http://www.moj.go.jp/content/000049609.pdf)」ファイルと『官報』を基とし、住所や電話番号等を加筆して作成したものです。

 

【普天王引退 稲川襲名 披露大相撲に参加された学校様へ】2012.2.3

平成24年1月29日に行なわれました普天王引退相撲は盛大に無事終了したしました。JaLSA特別席での普天王引退相撲にお越しいただいた学校の皆様ありがとうございました。留学生も喜んだのではないでしょうか。また、次の機会がございましたらご連絡いたしますので、よろしくお願いいたします。

 

[第18回JaLSA教育・文化懇話会/平成24年賀詞交歓会のお知らせ]2011.12.26

平成21年7月15日、「出入国管理及び難民認定法及び日本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例法の一部を改正する等の法律」が公布され、新たな在留管理制度が平成24年7月から導入されます。 そこで、今回の教育・文化懇話会では、入管協会の佐藤修先生をお招きしお話を伺います。教育・文化懇話会終了後には、新年賀詞交歓会を行います。

第1部「JaLSA教育・文化懇話会」
日 時:平成24年1月25日(水)16:30〜18:00
会 場:中央大学駿河台記念館
会 費:JaLSA会員 無料 非会員1000円/一人
テーマ:新たな在留管理制度について
講 師:財団法人入管協会専務理事 佐藤修氏

第2部 賀詞交歓会
会場:1Fレストラン「プリオール」
時間:18:30〜20:00
会費:5000円

申し込み用紙(Wordファイル)

 

[第5回JaLSA「日本語教育ゼミ」のご案内]2011.12.26

第5回は株式会社きぼうコンサルティング代表取締社長・翰林日本語学院役員の繁田克彦先生をお招きして『日本企業が求める外国人の人材像』をテーマに開催いたします。奮ってご参加ください。

テーマ「日本企業が求める外国人の人材像」
日時:24年1月20日(金)14:00〜16:30
場所:中央大学駿河台記念館 620号室
講師:株式会社きぼうコンサルティング 繁田克彦氏
会費:JaLSA会員 無料 非会員1000円
定員:50名

申し込み用紙(会員 Wordファイル)

申し込み用紙(非会員 Wordファイル)

 

[JaLSAニュース]2011.11.1

日本武道館平成二十四年 鏡開き式 武道始め』のご案内

財団法人 日本武道館 様より、『鏡開き式 武道始め』のご案内を頂きました。
日本の文化・伝統武道9種目を一日でご覧いただける貴重な機会です。
無料でご自由にご観覧いただけますので、ぜひ学生にご紹介ください。

日  時:平成2419日(月・祝)正午より開会
会  場:日本武道館大道場
内  容:日本武道館鏡開き式、武道9種目の模範演武、武道始め稽古会
お問合せ:財団法人日本武道館 振興課 TEL 03−3216−5134

事前申し込みは不要ですが、学校単位で団体での観覧をご希望の場合は、財団法人日本武道館 振興課まで事前にご連絡いただければ、可能な限りまとまった座席の確保をして頂けるそうです。
詳しくはこちらへ

 


[JaLSAニュース]2011.9.12
【JaLSAベトナム教育認証制度】 認証手数料改定(一部値下げ)のお知らせ

 昨年より開始したベトナム教育認証制度ですが、すでに80通を超える認証書が発行され、
ベトナム学生の日本留学に大きく役立てられてきました。
この度、認証機関であるベトナム教育訓練省CEPECEより、ベトナム学生の更なる日本
留学促進と、認証制度利用促進のため、下記のとおり一部発行手数料を値下げする旨の
連絡がありましたので、お知らせいたします。

                           記

1. 実施日   2011年9月〜
2. 認証手数料  (旧料金)一律 認証書1通あたり 30ドル  (送料別途  1通あたり 25ドル)

(新料金)
@ 高等学校 卒業証書   
A 短期大学 卒業証書
B 大学 卒業証書

従来通り  認証書1通あたり 30ドル  (送料別途  1通あたり 25ドル)*
*ただし、同一の学校宛に@〜Bの認証書を5通以上まとめて
発送の場合は2通分の送料を割引

C 大学入試統一試験結果  
D 高等学校 成績及び卒業(仮)証明
(卒業後、卒業証書が発行されるまでの間卒業証書に代わる証明)

認証書1通あたり30ドル  (送料込)
*同一の学校宛にCDの認証書をセットで発送の場合、2通目は15ドル


以上
本件に関するお問い合わせ先 
JaLSA事務局 ベトナム認証担当
TEL : 03-3292-3232
E-mail : vietnam@jalsa.jp

 


[JaLSAニュース]2011.9.1
[第11回JaLSA進学フェア 参加申込受付開始]

日本語学校の進学相談担当者と大学・専門学校の学生募集担当者を結ぶ
日本で唯一のBtoBイベントです。
是非ご参加ください。

開催日時:2011年10月13日(木)14:20〜17:30

会   場:中央大学駿河台記念館281号室(東京・御茶の水)

問合せ先:JaLSA進学フェア事務局 翰林日本語学院 担当:長岡陽子
TEL:045-983-2228 FAX:045-983-5373


詳細は下記のご案内をご覧ください

日本語学校用案内

大学・専門学校用案内

 

[JaLSAニュース]2011.5.30
薬物銃器対策係との連携を

 最近留学生が薬物事件などに巻き込まれるケースが増えています。
日本語学校の皆様は現在学生の交通安全のために各警察署の交通課などと連絡を取り合い説明会などを開いていることと思います。
同様に刑事課には薬物銃器対策係がありますので、是非各地域の警察署の刑事課・薬物銃器対策係に連絡をとり、説明会などを開くのがいいのではないかと思います。

 

[JaLSAニュース]2011.5.26
賛助会員CHSI日本様からの情報提供です。

●中国政府教育部公認の高等教育機関2,429校の全リスト

 去る4月29日、中国の高等教育機関のうち、中国政府教育部が「高等学歴教育のための正式な学生募集資格がある」と認めた学校のリストの2011年版が発表されました。計2,429校分のリストを掲載しました。

 つい先日もある地方入国管理局から「卒業証書を提出されたが、その学校は正式に教育部に認められた学校なのか」という問い合わせがありました。折しも入手したばかりのリストにはその学校は入っておらず、念のために学生をオンライン認証にかけてみましたがやはり認証はできませんでした。
中国では学生が正式な高等教育機関であると思っていた学校が実は教育部公認校ではなかったというような事例も多く、教育部では学生にもこうしたリストでしっかりと確認するように指導しています。

記事掲載頁のURLは以下となります。
(尚記事をご覧になるには無料の会員登録が必要となります)

中国政府教育部公認の高等教育機関
[ 全日制大学(本科) 820校 ]  http://www.chsi.jp/cn_news/2011/05/2011_517_1.php
[ 専科大学 1,228校 ]  http://www.chsi.jp/cn_news/2011/05/2011_517_2.php
[ 独立学院 311校 ] http://www.chsi.jp/cn_news/2011/05/2011_517_3.php
[ 分校 70校 ] http://www.chsi.jp/cn_news/2011/05/2011_517_4.php

株式会社メリットファイブ
中国高等教育学生信息網 日本代表(CHSI日本)

 

[JaLSAニュース]2011.5.11
JaLSA賛助会員の株式会社メリットファイブ中国高等教育学生信息網 日本代表(CHSI日本)では現在留学生が日本へ戻ってくるようにと日本の安全な様子を教育部サイト「日本頻道」で紹介しています。
是非ご協力ください。

以下CHSI日本からのメッセージです。


【留学生よ、帰れ日本へ】

日頃はお世話になりありがとうございます。
CHSI日本でございます。
震災、原発事故による留学生の日本離れはまだまだ終息と言うには程遠く、日本語学校各校様も苦慮なさっていることと存じます。
直接母国に赴き、留学生や父母に向けて安全に関する説明、説得をされている日本語学校様の話も数多く伺います。そうしたことの積み重ねが、少しずつでも日本に留学生を呼び戻す力になっていくことを信じてやみません。
そのような中、CHSI日本としても以下のようなことで微力ながら皆様のお力になれればと考えております。

CHSI日本は中国政府教育部の公式ポータルサイト「中国高等教育学生信息網」の中で日本留学情報専門サイト「日本頻道」を運営しております。専ら中国から日本への留学を目指す学生が訪れる専門サイトとなります。大地震のあった本年3月にはそうした学生が約15,000名訪れ、約43,000ページを閲覧していきました。
アクセス数自体は決して大きくありませんが、日本の教育機関に関心を持っている学生に絞って情報を発信できるという点で、伝達効率の良いサイトであると自負しております。

対象国は中国に限られますが、JaLSA様に於かれましても留学生の日本復帰のために上記日本頻道をご活用いただければと存じます。
地震や原発事故に関係なく、あるいはそれらを乗り越えて、今、普通に学園生活を送っている学生がいるということを、渡日を躊躇っている中国の学生とその親御さんたちに報せてあげてください。
学期が始まり学生たちが真剣に学ぶ授業の様子、震災時も日本に残った留学生たちの日常生活等々を、文章や写真でお寄せ下さい。日本頻道に掲載し、中国から日本の様子を窺っている留学生やその父母に直接お届けします。

以下は既に掲載されている記事です。

・日本語学校生徒によるお花見の様子
http://jp.chsi.com.cn/topics/2011/110420.html

・中国からの留学生が語る震災直後の日本
http://jp.chsi.com.cn/voice/110506_1.html

○文章、写真をお寄せいただく際は以下の要領でお願い致します。

※文章は200字程度にまとめてください。日本語、中国語、どちらでもけっこうです。日本語の場合はCHSI日本が責任をもって翻訳致します。

※写真は1、2点とし、それぞれに説明のキャンプションを付けてください。携帯電話で撮影したものでもけっこうです。

※文章、写真データをEメールに添付し、以下のアドレスにお送り下さい。
info@chsi.jp

※掲載料等費用は一切いただきません。

皆様の投稿をお待ち申し上げます。

 

 

[JaLSAニュース]2011.5.2
東北地方太平洋沖地震被災地域への義捐金について

JaLSAでは、震災直後より被災地域の日本語学校で学ぶ学生支援のための義捐金を募ってまいりましたが、5月10日を以ちまして、銀行振込みによる受付を締め切らせていただきます。
これまでに、ご支援・ご協力下さいました皆様に心より感謝致します。
5月10日以降にご入金を予定されていた方、また今後ご支援・ご協力くださいます方は、お手数ですが、JaLSA事務局までご連絡くださいますようお願い致します。

 

[JaLSAニュース]2011.5.2
ベトナム認証制度に関する変更点

 表記の件につき、このたび、CEPECE(ベトナム教育訓練省)より認証書発行に関する報告を受け、全国日本語学校連合会はCEPECEとの協議の結果、下記の通り発行する認証書の種類について変更することとなりましたのでお知らせ致します。

 これまで@「高等学校卒業証書の認証書」申請と併せて、高校の成績証明書の発行を希望する学生に対し、学生の経済的負担を軽減するため、追加料金なしで、E「高校の成績及び卒業証書の認証書」を発行してきましたが、認証書の申請件数増加に伴い、ベトナムの地方の高等学校における成績データの管理状況や通信設備の不備等により、成績の確認作業が難しい、あるいは確認ができないといった状況が頻発してまいりました。
つきましては、認証制度運用上、成績証明書を常時確実に発行できない現状では、入国管理局に対し認証書への不信感を与える可能性があることから、E「高校の成績及び卒業証書の認証書」発行を中止することと致しました。

 今後は、@「高校卒業証書の認証書」を申請の上、高校成績証明書につきましては、認証制度発足前同様、現地校が発行したものをご使用くださいますようお願い致します。

ご不便をお掛けしますが、ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

認証書の種類  ○発行できるもの  ×発行できないもの

 

変更前

変更後

@高等学校 卒業証書

A短期大学 卒業証書

B大学 卒業証書

C大学入試統一試験結果

D高等学校 成績及び卒業(仮)証明

E高校の成績及び卒業証書

×

 

[JaLSAニュース]2011.4.12
東北地方太平洋沖地震被災地域への義捐金
経過報告

3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震によって、東北地方を中心に大きな被害が発生しています。
全国日本語学校連合会では、被災地域の日本語学校で学ぶ留学生を援助するための義捐金を募っております。
JaLSA会員をはじめとする多くの方々によるご支援・ご協力により、これまでに 570,000円 の義捐金が集まりました。 この義捐金から、まず第1回目の支援として、宮城県・福島県・茨城県のJaLSA会員校7校に対し、1校あたり80,000円を配分することとなりました。
引き続き義捐金を受け付けておりますので、今後お寄せいただいた義捐金は第2回の支援として、適切に配分いたします。
皆様の温かいご支援。ご協力をお願いいたします。

全国日本語学校連合会 理事長 荒木幹光   副理事長 泉岡春美

義捐金 振込先: 群馬銀行 与野支店(375) 普通預金 口座番号 0167110
一般社団法人 全国日本語学校連合会
シヤ)ゼンコクニホンゴガツコウレンゴウカイ

 

[JaLSAニュース]2011.3.18
法務省入管局へ 地震に伴う特例処置に関する請願書 を提出

2011年3月16日午後、JaLSAは「東日本巨大地震の発生にj伴う留学生に係る特例処置について」の請願書を、法務省入管局局長宛てに提出し、下記の2点についてお願い致しました。これにつきまして法務省入管局から回答があり次第、当ホームページにてお知らせいたします。また、東京入国管理局留学審査部門、横浜支局留学・研修審査部門へも、財団法人入管協会の佐藤専務理事とともに、同様の請願書を提出致します。

請願内容:

1.4月期入学の留学生に係る在留資格認定証明書の取扱いについて
4月期入学予定の留学生については、本年2月25日に在留資格認定証明書交付をうけており、その有効期限となる5月25日までに該当査証を取得し、入国審査官に提出、上陸申請しなければならないが、入国審査官に対し在留資格認定証明書が交付されてから6月以内に同証明書を提出し上陸申請することとする特別措置として頂くこと。

2.7月期及び10月期に日本語教育機関への入学を予定とする在留資格認定証明書交付申請期間の変更について
7月期及び10月期に係る留学生の在留資格認定証明書交付申請について一定の期間が定められているが、それぞれの申請期間を1カ月先の一定期間、例えば3月29日の一斉申請日を4月30日に先送りした申請日として頂くこと。

 

[JaLSAニュース]2011.3.14
東北地方太平洋沖地震被災地域への
義捐金のお願い

 3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震によって、東北地方を中心に大きな被害が発生しています。
東北地方には11校の日本語学校があります。現在のところ詳細は不明ですが、これらの学校に在籍する学生は、アパートが破損して住むことができない、アルバイトが無くなって直接・間接的に被害を受けて、大変な困難に直面する可能性があります。
そこで、全国日本語学校連合会では、被災学生を援助するための義捐金を募ることにいたしました。
本連合会の副理事を務める学校も被災いたしましたが、幸いにも重大な被害がなかったようでありますので、集まった義捐金は被災状況を確認の上、現地の副理事を通じて最も適切と思われる形で学生にいきわたるようにいたします。
皆様の温かいご支援。ご協力をお願いいたします。

全国日本語学校連合会 理事長 荒木幹光

義捐金 振込先: 群馬銀行 与野支店(375) 普通預金 口座番号 0167110
一般社団法人 全国日本語学校連合会
イツパンシヤダンホウジン ゼンコクニホンゴガツコウレンゴウカイ

 

[JaLSAニュース]2011.3.11
賛助会員のCHSI日本様よりお知らせです。

●法務省がCHSIの学歴等認証書を審査の参考にすると明言

 中国高等教育学生信息網 日本代表(CHSI日本)がご案内しております中国人留学生の学歴等認証につきまして、従来地方入国管理局が参考にしていた認証書と様式が異なるため、提出に際し不安があるとの声が日本語学校様よりも寄せられておりました。
かかる事態を解消すべく、CHSI日本では法務省入国管理局在留課様にCHSIの認証書が中国政府教育部の管理するデータベースに基づいて発給されるものであり、権威性、信頼度等に於いて何ら問題のないことをお伝えし、善処していただくようお願いをしておりました。
その結果、2011年3月8日(火)、法務省入国管理局入国在留課様よりCHSI日本宛て、Eメールにて「CHSI日本代表を通じて中国のCHSIが認証した学歴等について、提出があれば審査の参考とします」とのご連絡をいただきました。
法務省入国管理局入国在留課様では、既に3月初めに全国の地方入管に対し、本件について情報の周知を行っていただいたとのことです。
これを受け、CHSI日本では今後中国人学生の学歴等認証に関するサービスに、より一層力を入れて取り組んで参る所存です。
上、取り急ぎご報告申し上げます。

※本件に関する記事は「中国高等教育・学生情報NET」下記URLに掲載しておりますのでご高覧下さい。
http://www.chsi.jp/jp_news/2011/0310.html

中国高等教育学生信息網 日本代表(CHSI日本)
東京都中央区銀座8-16-13 中銀城山ビル7F
TEL:03-6909-2235 FAX:03-3546-6768
E-mail:info@chsi.jp

 

[JaLSAニュース]2011.3.7
文部科学省 高等教育局 学生・留学生課 留学生交流室 へ要望書提出

2011年2月23日、JaLSA理事長と理事4名が、文部科学省 高等教育局 学生留学生課長 松尾泰樹氏にお目にかかり、要望書を提出しました。
内容は、主に財団法人日本語教育振興協会に対して、管掌官庁として適切に指導をして下さるよう要望するものです。
併せて次の2点についてもお願いを致しました。
1. JaLSA会員の日本語学校の向上のために、JaLSAが行う研修・研究への講師派遣等の協力要請
2.株式会社設立の日本語学校に対しても、学校法人と同様の御指導・御鞭撻をいただけるよう請願。

 

[JaLSAニュース]2011.3.4
私費外国人留学生学習奨励費給付制度に係る事務手続きについて

すでにご存じのこととは思いますが、再確認です。

独立行政法人日本学生支援機構の私費外国人学習奨励費給付制度(日本語教育機関)につきましては、従来、財団法人日本語教育振興協会が推薦書等の取りまとめをおこなっていましたが、平成23年度採択、予約分以降については、日本学生支援機構から、直接、日本語教育機関宛てに通知され、書類等も、日本学生支援機構へ直接提出することになりました。
事務手続きの詳細につきましては、日本学生支援機構からのお知らせをご覧ください。


問い合わせ先:
独立行政法人日本学生支援機構
留学生事業部留学生事業計画課 国際奨学室
学習奨励費担当
(TEL) 03-5520-6030
(FAX) 03-5520-6031

 

[JaLSAニュース]2011.2.14
賛助会員のCHSI日本様よりお知らせです。

●JASSO編集「留学交流」1月号でCHSI学歴等認証システムが紹介されました。

 皆様ご存知のように、日本学生支援機構(JASSO)編集の月刊誌「留学交流」は、教育機関で留学関連のお仕事をされている方の間では権威ある雑誌としてつとに知られています。
その「留学交流」1月号(1月11日発売 時評社刊)に、私たちCHSI日本が普及に取り組んでいる「学歴等認証システム」の解説記事を寄稿させていただきました。
『中国人留学生の「質の確保に」に向けた学歴等認証システムの普及・促進への取組』と題し、4ページにわたって認証システム自体から中国政府教育部に於けるCHSIの位置づけまで、分かりやすく解説させていただいております。
JASSO様のご許可をいただき、サイトでPDF版をご覧になれるように致しました。

URLは以下となりますので是非ともご覧ください。

http://www.chsi.jp/right/cont/ryugakukouryu.pdf

中国高等教育学生信息網 日本代表(CHSI日本)
東京都中央区銀座8-16-13 中銀城山ビル7F
TEL:03-6909-2235 FAX:03-3546-6768
E-mail:info@chsi.jp

 

 

[JaLSAニュース]2011.1.28
日本語教育振興協会へ申し入れ

 2011年1月、一般社団法人全国日本語学校連合会(JaLSA)は、飯田法律事務所 飯田数美弁護士を通じ、財団法人日本語教育振興協会へ下記の申し入れを行いました。
また、文部科学省へもこの件に関し、日振協に御指導いただくようお願いしました。

申し入れ内容
1.当会に加盟する日本語教育機関(以下、「当会加盟校」という。)は、その設立時には貴会に審査料を支払って審査を受け、日本語教育機関として適正な設備及び編制を有していることを証明頂き、この証明に基づき法務省から告示を頂いて認可され、設備及び編制に変更があった場合のほか3年毎の更新の際には、改めて貴会に審査料を支払い、併せて会費も納めてまいりましたところ、去る昨年5月24日に行われた内閣府行政刷新会議による事業仕分けの結果、貴会が日本語教育機関の審査・証明事業を独占的に行っていることについて法令上の明確な根拠を欠き「廃止」と評価されたことは公知のとおりです。

2.一方、貴会は営利を目的としない財団法人であるにも拘らず、会計検査院の調査により剰余金である内部留保額(現在ではその殆どが「基金」に名を変えているとの報道がある)が年間支出額の1.5倍に達していることが明らかになっているのであって、この内部留保金から貴会が国から受けた補助金を控除した残額については、本来ならば当会加盟校を含む認定日本語教育機関が納入する必要のなかった更新料・会費等累積額が相当程度含まれているものと思料しております。

3.ついては、当会は貴会に対し、上記事業仕分けの評価を踏まえ、貴会が既に徴収した審査料・会費等について、これを納入した日本語教育機関に速やかに還付されるよう、本状をもって申し入れる次第です。

 

[JaLSAニュース]2011.1.19
・賛助会員RJC様よりセミナーのご案内

株式会社・移民情報機構
代表取締役・編集長 石原進

「第一回留学生政策を考える公開セミナー」
ご参加のお願い

拝啓 時下ますますご清栄のことと存じます。
平素はひとかたならぬお引き立てを賜りまして、心より御礼を申し上げます。
さて、私たち移民情報機構は、文部科学省の氷見谷直紀留学生交流室長を講師としてお招きして下記のようなセミナーを企画しています。
文部科学省は昨年、留学生の日本語教育に関する懇談会を設けて議論のとりまとめを公表したほか、新たに「高等教育機関に進学・在籍する外国人学生の日本語教育に関する検討会議」を設置し、日本語教育機関の位置づけや教育の質の保証などについて議論を始めているところです。こうした中で、セミナーでは日本語教育に関わるより多くの方々に文部科学省側の方針を知っていただくとともに、留学生政策に関する議論を深めていきたいと考えています。なお、今回のセミナーに続き、厚生労働省、法務省入管局などから講師を派遣していただき、様々な角度から留学生政策を取り上げる方向で、関係機関と調整しています。つきましては、第一回セミナーにふるってご参加いただけますよう、お願い申し上げます。今回の会場は日本学生支援機構東京日本語教育センター(JR大久保駅徒歩7)です。事前申込が必要です。 
敬具

留学生政策を考える公開セミナー

・ 実施要綱
名  称  第一回留学生政 策を考える公開セミナー
主  催  活レ民情報機構(RJC)
後  援  (関係団体に要請中)  
講  師  文部科学省高等教育局学生・留学生課学生交流室 室長  氷見谷直紀氏
日  時  2011129日 午後4時から午後6時まで
会  場  日本学生支援機構東京日本語教育センター 東京都新宿区北新宿3丁目227号 Tel 03-3371-7267
JR総武線「大久保駅」北口徒歩10分 同  「東中野駅」東口徒歩 8

地  図

大きな地図で見る  

参加費 (資料費等)
一般 2,000
会員 1,000円 (RJC)

・定  員  120名 (定員になり次第締め切ります)

・申込方法  事前に下記の申込書によりお申込みください。

・当日の予定
15:30 受付開始
16:00 開会の辞  移民情報機構  石原 進
16:10 基調講演  留学生交流室長 氷見谷直紀
17:10 休憩
17:20 質疑応答
18:00 閉会

※参加申込書は下記になります。MailまたはFAXにて、お申込み下さい。

申込書はこちら

☆移民情報機構RJC(留学生情報センター)
☆〒173-0025東京都板橋区熊野町45-5-901
TEL/FAX 03-3959-9730 携帯090-9132-0077
URL http://imin-rjc.jp/index.php

 

[JaLSAニュース]2011.1.18
日本語学校 倫理規定について

こちらをご覧下さい・・・(Wordファイル)


 

 

「第21回JaLSA関西教育・文化懇話会」
日時:平成29年7月12日(水)13:30〜17:00(13時受付)
会場:TKP大阪梅田駅前ビジネスセンター2階 カンファレンスルーム2A
1部:最近の入管情勢について(申請状況と在留管理)
講師:大阪入国管理局
2部:最新の外国人留学生の犯罪について
講師:大阪府警察本部組織犯罪対策部

「第21回JaLSA関西教育・文化懇話会」ご案内(PDFファイル)

 

「第22回進学フェア」
大学・専門学校の受付は終了いたしました。

 

「第39回JaLSA教育・文化懇話会」
日時:平成29年4月19日(水)14:30〜17:30
会場:中央大学駿河台記念館670号室
講師:(公財)入管協会 佐藤修専務理事(元大阪入国管理局長)
テーマ:最新の入管情報 
@ 外国人介護人材受入れの動向と分析について
A 学生募集・管理(中国・ネパール・ミャンマー・ベトナム等)について意見交換会
B その他(10月生申請の対策)

 

「第20回JaLSA関西教育・文化懇話会」
日時:平成29年4月13日(木)14:00〜17:00
会場:CIVI北梅田研修センター505
講師:(公財)入管協会 佐藤修専務理事(元大阪入国管理局長)
テーマ:最新の入管情報 
@ 外国人介護人材受入れの動向と分析について
A 学生募集・管理(中国・ネパール・ミャンマー・ベトナム等)について意見交換会
B その他(10月生申請の対策)

 

「第17回 語学留学生による日本語弁論大会」
主 催:関東甲信越地区日本語教育機関連絡協議会
後 援:法務省・外務省・文部科学省・神奈川県・横浜市国際局
朝日新聞横浜総局・読売新聞東京本社横浜支局
神奈川新聞社・tvk(テレビ神奈川)
(公財)入管協会・(一社)全国日本語学校連合会
(公財)かながわ国際交流財団
開催日:平成29年1月30日(月)
会 場:横浜市開校記念会館

8か国16人の留学生が日ごろの日本語研修の成果を競い、日本に来て学んだことや夢などを熱く発表しました。

【主な受賞者】
法務大臣賞
BANU MST RIKTAさん(バングラデシュ)弘堂国際学園

外務大臣賞
STACEY BIRDさん(アメリカ)翰林日本語学院

文部科学大臣賞
孫 毅然さん(中国)横浜国際教育学院

神奈川県知事賞
李 浩さん(中国)東京日語学院

全国日本語学校連合会理事長賞
徐 坤さん(中国)日本アニメ・マンガ専門学校日本語科

 

「第2回JaLSA北海道・東北地区懇話会」
日時:平成29年1月18日(水)14:00〜17:00
会場:仙都会館 会議室 5F−B
講師:(公財)入管協会 佐藤 修専務理事(元大阪入国管理局長)
テーマ:「最近の入管情勢について」
@ 平成28年7月22日に日本語教育機関の告示基準を策定 したことに伴う契約書の提出について
A アルバイトをめぐる諸問題について
B その他

 

「第18回JaLSA九州・沖縄地区懇話会」
日時:平成29年1月16日(月)14:00〜17:00 会場:カンファレンスASC 4A(4階)
講師:(公財)入管協会 佐藤 修専務理事(元大阪入国管理局長)
テーマ:「最近の入管情勢について」
@ 平成28年7月22日に日本語教育機関の告示基準を策定 したことに伴う契約書の提出について
A アルバイトをめぐる諸問題について
B バングラデシュ、ビザの発給状況について(現地調査報告)
C その他

 

「第19回JaLSA関西教育・文化懇話会」
日時:平成29年1月13日(金)14:00〜17:00
会場:TKP大阪梅田駅前ビジネスセンター2階 カンファレンスルーム2A
講師:(公財)入管協会 佐藤 修専務理事(元大阪入国管理局長)
テーマ:「最近の入管情勢について」
@ 平成28年7月22日に日本語教育機関の告示基準を策定 したことに伴う契約書の提出について
A アルバイトをめぐる諸問題について
B その他

 

【JaLSA年末年始休業のご案内】2016.12.9
年末年始休業のお知らせです。何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。
休業期間:2016年12月23日(金)〜2017年1月5日(木)

 

【留学に係る申請取次ぎ研修会のご案内】
◆東京会場
平成28年10月13日(木) 申込締切10月3日(月)
10時30分〜16時30分(受付開始9時30分〜)
TKP御茶ノ水会議室(池坊東京会館)5F(502、503号室)

◆大阪会場
平成28年10月27日(木) 申込締切10月17日(月)
10時30分〜16時30分(受付開始10時00分〜)
新大阪丸ビル別館1階 101号室
ご案内をご覧になりFAXにてお申込みください。

【大阪会場】申請取次ぎ研修会ご案内(PDF)

 

【第21回進学フェアのご案内】
第21回進学フェアを開催します。
大学・専門学校留学生担当者と日本語学校進学担当者で直接話ができるBtoBイベントです。
お申込みの上、是非ご参加ください。日本語学校の参加は無料です。
日時:平成28年10月24日(月)14:30〜17:30 (14:20〜開会の挨拶)
場所:TKP御茶ノ水会議室 大ホール(池坊東京会館6F) 
申込方法:申込用紙に必要事項を記入の上、進学フェア事務局までお申込みください。

日本語学校要綱・申込書(PDF)

 

【JaLSA夏季休暇のご案内】2016.7.8
夏季休暇のお知らせです。
期間:2016年8月11日(木)〜2016年8月21日(日)
何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

 

【第16回JaLSA九州・沖縄地区懇話会のご案内】
日時:平成28年4月14日(木)14:30〜17:00(14時受付)
会場:カンファレンスASC 5A(5階)
講師:(公財)入管協会 佐藤 修専務理事(元大阪入国管理局長)
テーマ:
@4月生の結果分析と10月生申請への対策
A外国人介護人材の受入れの動向と分析について
B学生募集・管理(中国・ネパール・ミャンマー・ベトナム等)について意見交換会
Cその他 会費:会員…無料 非会員…2,000円/人 定員:40名

九州・沖縄地区懇話会案内(PDF)

 

【第15回JaLSA関西教育・文化懇話会のご案内】
日時:平成28年4月13日(水)14:30〜17:00(14時受付)
会場:TKP大阪梅田ビジネスセンター6B(6階)
講師:(公財)入管協会 佐藤 修専務理事(元大阪入国管理局長)
テーマ:
@4月生の結果分析と10月生申請への対策     
A外国人介護人材の受入れの動向と分析について     
B学生募集・管理(中国・ネパール・ミャンマー・ベトナム等)について意見交換会     
Cその他 会費:会員…無料 非会員…2,000円/人 定員:40名

関西懇話会案内(PDF)

 

「第2回日本語教育機関新設校研修会」のご案内
平成25年以降に法務省から告示を受けた日本語教育機関を対象に研修会を行ないます。
日時:平成28年2月15日(月)13:00〜18:00(12:30受付)
会場:TKP御茶ノ水会議室 505号室
テーマ:
@日本語教育機関の現状と今後の展望(13:00〜14:30)
講師:JaLSA 坂本順一常務理事
A日本語教育機関の教務実務と学生管理(14:45〜16:15)
講師:JaLSA 本田幸雅理事
B入管行政から見た今後の留学生の在留管理(16:30〜18:00)
講師:(公財)入管協会 佐藤修専務理事

 

【VJEEC 休暇のご連絡】
ベトナム旧正月(テト)に伴い、下記期間VJEECは休暇となります。
休暇期間 : 2016年2月4日 〜 2月15日

 

「第32回JaLSA教育・文化懇話会及び平成28年賀詞交歓会」のご案内
日 時:平成28年1月21日(木)16:00〜20:00(受付:15:30〜)
会 場:中央大学駿河台記念館(東京都千代田区神田駿河台3-11-5  TEL 03-3292-3111)
第1部:「第32回JaLSA教育・文化懇話会」
会 場:330号室 16:00〜18:00 テーマ:「中国リスクとどう向き合うか」
講 師:日本経済新聞社論説副委員長・日本経済新聞元中国総局長 飯野克彦氏
第2部:「平成28年賀詞交歓会」
会 場:610号室 18:00〜20:00
会 費:6,000円/人(会費は第1部会場にてお支払いください)
定 員:50名

申込用紙に必要事項をご記入の上、ご返送ください。またメールにてのご連絡も受け付けております。
申込書(PDF)

 

【JaLSA年末年始休業のご案内】2015.12.9
年末年始休業のお知らせです。何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。
休業期間:2015年12月23日(水)〜2016年1月6日(木)

 

【留学に係る申請取次ぎ研修会のご案内】
◆東京会場
平成27年10月9日(金) 申込締切9月30日(水)
10時30分〜16時30分(受付開始9時30分〜)
中央大学駿河台記念館280号室

◆大阪会場
平成27年10月23日(金) 申込締切10月13日(火)
10時30分〜16時30分(受付開始10時00分〜)
新大阪丸ビル別館3階 3-5
ご案内をご覧になりFAXにてお申込みください。

【大阪会場】申請取次ぎ研修会ご案内[PDF]

 

【第19回進学フェアのご案内】
第19回進学フェアを開催します。
大学・専門学校留学生担当者と日本語学校進学担当者で直接話ができるBtoBイベントです。
お申込みの上、是非ご参加ください。日本語学校の参加は無料です。
日時:2015年10月28日(水)14:30〜17:30 (14:20〜開会の挨拶)
場所:中央大学駿河台記念館281号室 
申込方法:申込用紙に必要事項を記入の上、進学フェア事務局までお申込みください。

日本語学校要綱・申込書[PDF]

 

【第7回「日本語大賞」作品募集のお知らせ】2015.7.17
特定非営利活動法人日本語検定委員会主催作文コンテストがございます。
是非ご応募ください。

日本語大賞のお知らせ(PDF)

 

【第13回JaLSA関西教育・文化懇話会のご案内】
日時:平成27年7月6日(月)14:00〜17:00(13:30受付)
会場:梅田スカイビル会議室F会議室(タワーウエスト22階)
講師:大阪府警察本部 犯罪組織対策部
テーマ:最近の外国人犯罪について
意見交換会:
@ 4月生.7月生の結果分析と今後の対策について
A 日本語学校と専門学校との連携について

 

【ネパール被災地域への義捐金募金活動へのご協力ありがとうございました】2015.6.11
皆様からお預かりしたネパール被災地域への義捐金につきましては、2015年6月3日(水)日本赤十字社を訪問し、 直接手渡しました。

義捐金総額:3,282,360円

ご協力ありがとうございました。被災地に1日も早く穏やかな日々が戻ります事を心よりお祈りいたします。

ネパール被災募金

 

【第13回九州・沖縄地区懇話会のご案内】
日時:平成27年 6月19日(月)14:30〜17:30
場所:カンファレンスASC 5B(5階)
テーマ:
@ 4月生・7月生の在留結果分析と10月生の募集状況 
A MERSについて  
B 平成27年度JaLSA活動計画について
C ネパール・バングラデシュ報告  
D その他意見交換会
申込書 (第13回九州懇話会案内。pdf)


【第18回進学フェアのご案内】
第18回進学フェアを開催します。
大学・専門学校留学生担当者と日本語学校進学担当者で直接話ができるBtoBイベントです。
お申込みの上、是非ご参加ください。日本語学校の参加は無料です。

日時:2015年6月26日(金)14:30〜17:30 (14:20〜開会の挨拶)
場所:中央大学駿河台記念館281号室 
申込方法:申込用紙に必要事項を記入の上、進学フェア事務局までお申込みください。

日本語学校要綱・申込書(PDF)

 

【第30回JaLSA教育・文化懇話会のご案内】
日時:平成27年5月25日(月)17:30〜20:00(受付17:00〜)
会場:中央大学駿河台記念館510号室
第1部:中国の若者のものの考え方と中国の最新情報
講 師:森安 健氏(日本経済新聞社編集局NAR編集部記者)
第2部:最近の入管動向・学生募集について意見交換会
会費:JaLSA会員…2,000円(1名) 非会員…3,000円(1名)
定員:40名

★17時〜17時30分に軽食をご用意いたします。
5月20日(水)までにFAXまたはメールでお申込みください。
第30回JaLSA教育・文化懇話会ご案内(PDF)

 

【VJEEC休暇のご案内】
ベトナム祝日に伴い、下記期間 VJEECは休暇となります。
≪休暇期間≫
2015年4月25日(土)〜5月3日(日)
【5月1日分JaLSA定期便について】
5月8日発送になります。

 

【第12回JaLSA 九州・沖縄懇話会のご案内】
日時:平成27年3月7日(土)・8(日) 
場所:沖縄県男女共同参画センター
テーマ:
@ 平成27年4月生の結果分析と7月生・10月生申請への対策
A 学生募集・管理(中国・ネパール・ミャンマー・ベトナム)について意見交換会
B その他
★九州・沖縄地区の会員校のみ参加受付中

 

【第12回JaLSA 関西教育・文化懇話会のご案内】
日時:平成27年3月9日(月)15:00〜18:00(受付:14:30)
場所:ECC国際外語専門学校2号館 講師:(公財)入管協会専務理事 佐藤 修氏
テーマ:
@ 平成27年4月生の結果分析と7月生・10月生申請への対策
A 外国人介護人材受入れの在り方について
B 学生募集・管理(中国・ネパール・ミャンマー・ベトナム)について意見交換会
C その他 会費:JaLSA会員:無料  非会員:2,000円(1名)
第12回関西懇話会案内 [PDF]

 

【第2回JaLSA 中部地区教育・文化懇話会のご案内】
日時:平成27年3月10日(月)13:30〜16:30(受付:13:00)
場所:オフィスパーク菱信ビル 2F 204号室 講師:(公財)入管協会専務理事 佐藤 修氏
テーマ:
@ 平成27年4月生の結果分析と7月生・10月生申請への対策
A 外国人介護人材受入れの在り方について
B 学生募集・管理(中国・ネパール・ミャンマー・ベトナム)について意見交換会
C その他 会費:JaLSA会員:無料  非会員:2,000円(1名) 定員 :20名
第2回中部地区懇話会案内 [PDF]

 

【第29回JaLSA教育・文化懇話会のご案内】
日時:平成27年3月17日(火)15:00〜18:00(受付:14:30)
場所:中央大学駿河台記念館 670号室 講師:(公財)入管協会専務理事 佐藤 修氏
テーマ:
@ 平成27年4月生の結果分析と7月生・10月生申請への対策
A 外国人介護人材受入れの在り方について
B 学生募集・管理(中国・ネパール・ミャンマー・ベトナム)について意見交換会
C その他 会費:JaLSA会員:無料  非会員:2,000円(1名) 定員 :100名
第29回懇話会案内 [PDF]

 

【VJEEC(ベトナム日本教育交流センター)休暇のご案内】
ベトナムが旧正月のため下記期間休業いたします。
平成27年2月14日〜平成27年2月22日まで

 

【「平成27年賀詞交歓会及び第28回JaLSA教育・文化懇話会」のご案内】2015.1.13
平成27年のJaLSA賀詞交歓会とJaLSA教育・文化懇話会を下記の要項にて開催いたします。
ご多忙のことと拝察いたしますが、万障お繰り合わせの上ご出席くださいますようご案内申しあげます。
申込用紙に必要事項をご記入の上、ご返送ください。またメールにてのご連絡も受け付けております。

日 時 :平成27年1月22日(木)16:00〜19:00(受付 15:30〜)
会 場:中央大学駿河台記念館

第1部:「第28回JaLSA教育・文化懇話会」
会 場:330号室 16:00〜17:15 テーマ:「今年の景気の見通しについて」
講 師:産経新聞特別記者・編集委員兼論説委員 田村秀男氏

第2部:「平成27年賀詞交歓会」
会 場:1Fレストランプリオール 17:30〜19:00

会 費:5,000円(会費は第1部会場にてお支払ください)

申込用紙[PDF]


【「第11回JaLSA九州懇話会」のご案内】
日 時:平成27年1月16日(金)15:00〜18:00(受付14:45〜)
会 場:サンライフ第3会議室 B501号室
テーマ:〜週刊新潮の「ベトナム留学生の実態」記事から考える〜
「留学生30万人」計画と日本語学校の未来について意見交換会
会 費:JaLSA会員:無料  非会員:2,000円
定 員:20名(先着順受付・参加受付後にメールにて返信いたします)


【「第11回JaLSA関西懇話会」のご案内】
日 時:平成27年1月15日(金)15:00〜18:00(受付14:30〜)
会 場:大阪梅田 ECC国際外語専門学校 2号館
テーマ:〜週刊新潮の「ベトナム留学生の実態」記事から考える〜
「留学生30万人」計画と日本語学校の未来について意見交換会
会 費:JaLSA会員:無料  非会員:2,000円

 

【JaLSA年末年始休業のご案内】2014.12.8
年末年始休業のお知らせです。何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。
休業期間:2014年12月23日〜2015年1月6日

 

【新春 恒例 鏡開き式・武道始めのご案内】
日本の文化・伝統武道9種目を一日でご覧いただける貴重な機会です。
平成27年1月12日(月・祝)正午開会 観覧無料
会場:日本武道館大道場
主催:公益財団法人 日本武道館
お問い合わせ:(公財)日本武道館振興課 TEL03-3216-5134

 

【第17回進学フェア開催のご案内】
平成261029日(水)
1430分〜1730分(受付開始1400分〜)
中央大学駿河台記念館281号室
日本語学校要綱申込書[PDF]

 

【留学に係る申請取次ぎ研修会のご案内】
◆東京会場
平成261010日(金) 申込締切930日(火)
1030分〜1630分(受付開始930分〜)
中央大学駿河台記念館370号室

◆大阪会場
平成261017日(金) 申込締切103日(金)
1030分〜1630分(受付開始1000分〜)
大阪梅田 ECC国際外国専門学校日本語学科2号館502教室
各会場のご案内をご覧になりFAXにてお申込みください。

【東京会場】取次ぎ研修会ご案内[PDF]

【大阪会場】取次ぎ研修会ご案内[PDF]

 

【嘆願書提出】2014.8.29
平成26年8月19日(火) 下村文部科学大臣へ嘆願書を提出いたしました。
<出席者>
文部科学省側・・・下村大臣、渡辺留学生課長、今泉大臣秘書官、白鳥専修学校教育振興室長ほか
JaLSA側・・・荒木理事長、長岡理事
<嘆願書内容>
1)日本語教育機関の学生に対する奨学金の支援について
2)会社組織の日本語教育機関の法人化に関し、地方公共団体の取り扱いの均一化について
3)日本語教育機関の留学生のための宿舎の提供について


【法務省告示校一覧 平成26年(2014)】 2014.8.29

このたび『2013年版 法務省告示校一覧』を作成いたしました。法務省の「告示された日本語教育機関等(http://www.moj.go.jp/content/000107266.pdf)」ファイルと『官報』を基とし、住所や電話番号、定員等を加筆して作成したものです。
御承知の通り、日本語学校にとって法務省の「告示」は大きな意味を持ちますが、海外の学校では告示校に関する情報が得にくい場合もあるようです。従って、告示校一覧を海外の学校の先生方や学生たちに示すことは、非常に有意義であると考えます。
誤入力等がないように十分注意を払いましたが、万が一、記載漏れや間違いなどがありましたら、恐れ入りますが、全国日本語学校連合会事務局までご一報くださいますようお願いいたします。

 

【JaLSA夏期休暇のご案内】2014.7.31
JaLSAより夏期休暇のご案内です。
■2014年8月8日〜8月18日
どうぞよろしくお願いいたします。

 

【第6回「日本語大賞」作品募集のお知らせ】2014.7.31
特定非営利活動法人日本語検定委員会主催作文コンテストがございます。是非ご応募ください。
日本語学校へのご案内(PDFファイル)

 

第16回JaLSA進学フェア開催のご案内
お陰様で、多くの大学・専門学校よりお申込み頂き、大学・専門学校ブースの受付は終了いたしました。
日本語学校については申込受付中です。是非ご参加ください。

日時:2014年6月25日(水) 13時30分〜17時30分(受付開始:13時00分〜)
場所:中央大学駿河台記念館281号室
日本語学校要綱・申込書(PDF)

 

【陳情書を提出】2014.3.13
2月27日 JaLSA理事長荒木をはじめ副理事長泉岡、常務理事坂本が自由民主党本部を訪問し、高村正彦自民党副総裁に陳情書を提出しました。皆様からの消費税に対する署名をふまえ、日本語教育機関に対する消費税非課税化と、奨学金の支援の拡充の陳情をし、高村先生より助言をいただきました。

 

【ベトナム教育認証制度 認証申込について】 2014.217
2月7日よりVJEECでの認証受付が始まっております。
<これまでの認証機関(CEPECE)での新規受付は行なっておりません>
詳細は「ベトナム教育認証制度」のページをご覧ください。

 

【海外留学生に対する消費税課税の是正を求める署名のお願い】2013.12.20
93団体 5870名の著名をいただきました。ご協力ありがとうございました。 近日中に提出予定です。

 

【第8回 JaLSA九州懇話会】
■ 日 時: 平成26年1月27日(月)14:00 〜 17:00(受付:13:45〜)
■ 会 場: 林英ビル 会議室 Bホール
(福岡市博多区博多駅前3-13-1 TEL.092-411-9033)
■ 第一部: 留学生をはじめとする外国人犯罪の現状とその対策(14:00〜15:00)
講師:福岡県警外事課 課長補佐 秦 友喜氏
第二部: 最新の入管及び留学事情についての意見交換会(15:10〜)

 

【JaLSA関西地区経営者、校長会議・懇親会】
■ 日 時: 平成26年1月30日(木)・31日(金)
■ 場 所: 犬鳴山温泉 不動口館
〒598-0023 大阪府泉佐野市大木7番地 電話:072-459-7326
HP:http://www.fudouguchikan.com/
大阪府阪和線日根野駅下車 南海バス又は送迎バス(15分)

 

【留学生通信特別号「アジアの風・中東の嵐」の発行について】2014.1.8
この度JaLSAでは『留学生通信特別号 アジアの風・中東の嵐』を発行致しました。HPにて発信しております記事「アジアの風・中東の嵐」を冊子にしました。是非ご一読ください。また、1冊800円での販売も致しております。ご購入希望の方は事務局までご連絡ください。

 

【「平成26年賀詞交歓会及び第25回JaLSA教育・文化懇話会」のご案内】2013.12.20
平成26年のJaLSA新年賀詞交歓会とJaLSA教育・文化懇話会を下記の要項にて開催いたします。
ご多忙のことと拝察いたしますが、万障お繰り合わせの上ご出席くださいますようご案内申しあげます。申込用紙に必要事項をご記入の上、ご返送ください。またメールにてのご連絡も受け付けております。

■ 日 時 : 平成26年1月17日(金)
■ 会 場 : 中央大学駿河台記念館(東京都千代田区神田駿河台3-11-5  TEL 03-3292-3111)

■ 第1部 : 「第25回JaLSA教育・文化懇話会」
■ 会 場 : 510号室 16:00 〜 17:30 (受付:15:30〜)
■ テーマ : 「アベノミクスの検証と消費税増税を含む今後の経済状況」
■ 講 師 : 産経新聞特別記者・編集委員兼論説委員 田村秀男氏

■ 第2部 : 「平成26年賀詞交歓会」
■ 会 場 : 620号室 17:40〜19:00

■ 会 費 : 5,000円(会費は第1部会場にてお支払いください)

申込用紙(PDFファイル)

 

【海外留学生に対する消費税課税の是正を求める署名のお願い】2013.12.20
この度一般社団法人全国日本語学校連合会(JaLSA)では、株式会社立、個人立等の日本語教育機関においても、学校法人立等の日本語教育機関の留学生の学費と同様に消費税を非課税としていただくよう、自由民主党安倍晋三総裁、関係省庁等へ陳情又は請願をする予定です。
賛同頂ける方は、下記ファイルをダウンロードして頂き、御署名を郵送にてお送りください。ご協力お願いいたします。


陳情書(PDFファイル)

消費税署名簿(PDFファイル)

 

【義捐金募集活動にご協力ありがとうございました】2013.12.20
JaLSAでは会員の皆様からフィリピンでの台風30号による被害に対し緊急義捐金募集活動をお願いし、皆様からお預かりした義捐金をフィリピン大使館へ送金させていただきました。

義捐金総額:940,445円

皆様のご理解とご協力ありがとうございました。

 

【JaLSA年末年始休業のご案内】2013.11.29
年末年始休業のお知らせです。何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。
休業期間:2013年12月21日〜2014年1月5日

 

【第15回JaLSA進学フェア参加申込】 2013.9.18
日本語学校の進学相談者と大学・専門学校の学生募集担当者を結ぶBtoBイベントです。
過去14回の進学フェアでは多数の大学・専門学校・日本語学校が参加し、大変好評を頂いております。
是非ご参加ください。また、進学フェア終了後懇親会も予定しております。
開催日時:2013年10月30日(水)14:20〜17:30
会場:中央大学駿河台記念館281号室(東京・御茶ノ水)
お問い合わせ:JaLSA進学フェア事務局 翰林日本語学院
担当:長岡陽子
TEL:045-983-2228 FAX:045-983-5373
詳細は下記のご案内をご覧ください。
日本語学校用案内(PDFファイル)
大学専門学校用案内(PDFファイル)

 

【留学生通信第5号の発行について】2013.9.18
この度JaLSAでは『留学生通信第5号』を発行致しました。HPにて発信しております記事・コラムや、JaLSA教育文化懇話会の講演内容などを掲載しております。是非ご一読ください。また、1冊800円での販売も致します。ご購入希望の方は事務局までご連絡ください。

 

【第24回JaLSA教育文化懇話会のご案内】2013.8.30
■日 時: 平成25年9月5日(木)14:00〜17:00 (受付:13:30〜)
■会 場: 中央大学駿河台記念館  670号室
■会 費: 1,000円/1人 (コーヒー・軽食をご用意いたします)
■テーマ:
:第1部:意見交換会
@4月生の学生募集について
Aベトナム、ネパール等学生管理と指導について
B消費税と各種学校について
C留学生保険について
第2部:4・7月生の状況と10月生の結果分析
■講 師: 入管協会 佐藤修専務理事(元大阪入管局長)
第24回JaLSA教育・文化(PDFファイル

 

 

【第8回関西懇話会のご案内】2013.8.30
■日 時  : 平成25年9月11日(水)15:00〜17:00 (受付13:30〜)
■会 場  : 大阪梅田 ECC国際外語専門学校 2号館
(〒530-0015 大阪市北区中崎西1-5-11 TEL.06-6372-1444)
■会費   : 会員 無料  非会員2,000円
■テーマ  : 4月・7月生の状況と10月生の結果分析と質疑応答
■講師   :(財)入管協会 佐藤修専務理事(元大阪入管局長)
申込書(関西)

 

 

【第5回「日本語大賞」作品募集のお知らせ】2013.8.30
特定非営利活動法人日本語検定委員会主催作文コンテストがございます。是非ご応募ください。

日本語学校へのご案内(PDFファイル)

 

 

【JaLSA夏期休暇のご案内】2013.8.6

JaLSAより夏期休暇のご案内です。

■2013年8月10日〜8月19日

どうぞよろしくお願いいたします。

 


【第7回JaLSA九州及び関西懇話会のご案内】2013.8.6
第7回九州懇話会、及び第7回関西懇話会が下記の日程で開催されます。
会員の皆様でご参加ご希望の方は事務局までご連絡ください。

第7回九州懇話会
■ 日 時: 平成25年8月21日(水)          
14:00 〜 17:00(受付:13:45〜)
■ 会 場: 「えきまえ いきいきひろば」2号室
(〒850−0057 長崎市大黒町3−1 交通会館3階 
JR長崎駅より徒歩1分  TEL 095(822)4101)
■ テーマ:1、4月生学生募集、学生管理等についての意見交換会
申込書(九州)

第7回関西懇話会
■ 日 時: 平成25年8月23日(金)14:00 〜 17:00
■ 会 場: 大阪梅田 ECC国際外語専門学校 2号館
(〒530-0015 大阪市北区中崎西1-5-11 TEL.06-6372-1444)
■ テーマ: 1、4月生学生募集、学生管理等についての意見交換会
申込書(関西)

 

【ベトナム教育訓練省休暇のご案内】2013.7.4

ベトナム教育訓練省より休暇のご連絡がありましたのでご連絡申し上げます。認証発行業務も期間中は行なわれませんので、ご利用の際はお早めにお願いいたします。

■2013年7月16日〜7月21日

■JaLSAへの定期便について
毎月16日に発送しております、認証定期便につきましては、7月15日にベトナム教育訓練省から発送されます。

 

【法務省告示校一覧 2013】2013.7.4

このたび『2013年版 法務省告示校一覧』を作成いたしました。法務省の「告示された日本語教育機関等(http://www.moj.go.jp/content/000107266.pdf)」ファイルと『官報』を基とし、住所や電話番号、定員等を加筆して作成したものです。
御承知の通り、日本語学校にとって法務省の「告示」は大きな意味を持ちますが、海外の学校では告示校に関する情報が得にくい場合もあるようです。従って、告示校一覧を海外の学校の先生方や学生たちに示すことは、非常に有意義であると考えます。

誤入力等がないように十分注意を払いましたが、万が一、記載漏れや間違いなどがありましたら、恐れ入りますが、全国日本語学校連合会事務局までご一報くださいますようお願いいたします。

 

【第14回JaLSA進学フェア参加申込】
日本語学校の進学相談者と大学・専門学校の学生募集担当者を結ぶ日本で唯一のBtoBイベントです。過去13回の進学フェアでは多数の大学・専門学校・日本語学校が参加し、大変好評を頂いております。是非ご参加ください。また、進学フェア終了後懇親会も予定しております。

開催日時:2013年6月24日(月)14:20〜17:30
会場:中央大学駿河台記念館281号室(東京・御茶ノ水)
お問い合わせ:JaLSA進学フェア事務局 翰林日本語学院 担当:長岡陽子
TEL:045-983-2228 FAX:045-983-5373
詳細は下記のご案内をご覧ください。

日本語学校用案内(PDF) 

大学専門学校用案内(PDF)

 

【第23回JaLSA教育・文化懇話会のご案内】

中国、韓国も新体制となり、落ち着きをみせておりますが、日中韓は様々な問題で絡み合っており、3カ国の間の政治情勢はアジアから世界まで影響を与えます。そこで、「第23回JaLSA教育・文化懇話会」ではジャーナリストの宇田川敬介氏をお迎えし、お話を伺います。宇田川氏は近著に『2014年、中国は崩壊する』、『日本人が知らない「新聞」の真実』などがあり、ご活躍されております。どうぞご参加くだい。

■ 日 時: 平成25年5月24日(金)          
  17:00 〜 19:00 (受付:16:30〜)
■ 会 場: 中央大学駿河台記念館  560号室
■ 会 費: ・ JaLSA会員 無料  ・ 非会員 1,000円/1人
■ テーマ: 中国、韓国の新体制と日中韓の行方
■ 講 師: 宇田川 敬介 氏 (ジャーナリスト)


申込用紙(PDFファイル)

 

【第6回JaLSA九州及び関西懇話会】2013.4.15
第6回九州懇話会、及び第6回関西懇話会が下記の日程で開催されます。
会員の皆様でご参加ご希望の方は事務局までご連絡ください。

第6回JaLSA九州懇話会
■日 時: 平成25年4月19日(金)          
14:00 〜 17:00(受付:13:45〜)
■会 場: 林英ビル 会議室 Bホール
  (福岡市博多区博多駅前3-13-1 TEL.092-411-9033)
■テーマ:最新の入管情報及び意見交換会
■講 師: 財団法人 入管協会専務理事 佐藤修先生


第6回JaLSA関西懇話会
■日 時: 平成25年4月26日(金)14:00 〜 17:00
■会 場: 大阪梅田 ECC国際外語専門学校
  (〒530-0015 大阪市北区中崎西1-5-11 TEL.06-6372-1444)
■テーマ: 最新の入管情報及び意見交換会
■講 師: 財団法人 入管協会専務理事 佐藤修先生

 

【ベトナム教育訓練省HP復旧について】2013.3.12
ベトナム教育訓練省のHPが復旧いたしました。

ベトナム教育訓練省HPアドレス
http://cepece.edu.vn

 

【第22回JaLSA教育・文化懇話会のご案内】2013.3.12
今回のJaLSA教育・文化懇話会では(財)入管協会の佐藤修先生をお迎えし、最新の入管情報といたしまして、4月期生の中間報告及び7、10月期生への対策等のお話を伺います。又今後の募集対策について意見交換も行なう予定です。

■日 時: 平成25年3月18日(月)15:00〜17:45 (受付:14:30〜)
■会 場: 中央大学駿河台記念館  510号室
■会 費: ・JaLSA会員 無料 ・非会員 2,000円/1人
■テーマ: 第1部:最新の入管情報
        講師:財団法人入管協会専務理事 佐藤 修 先生(元大阪入国管理局局長)
        第2部:その他 意見交換会
■定 員: 50名(先着順受付・参加受付後メールにて返信いたします)

申込用紙

 

【平成24年度留学生交流総合推進会議のご案内】2013.2.19

文部科学省学生・留学生課から平成24年度「留学生交流総合推進会議」の開催のお知らせがございましたのでご案内致します。



○会議名等
会議名:平成24年度留学生交流総合推進会議
〜地域における留学生支援の取組と課題〜
主催:文部科学省

○開催期日等
期日:3月8日(金) 
会場:東京国際交流館プラザ平成(江東区青海2−2−1)
定員:300名

○スケジュール
13:00〜13:10  開会挨拶(文部科学省)
13:10〜13:50  基調講演
13:50〜14:05  休憩・移動
14:05〜15:35  分科会
第1分科会 留学生への修学・生活支援
第2分科会 留学生への就職支援
第3分科会 留学生への地域交流
15:50〜16:30  全体会(各分科会からの報告)
16:30〜16:40  閉会挨拶(文部科学省)
  
○参加お申し込み
インターネットでお申し込みいただきます。
2月15日(金)から受け付けます。
こちらのWEBページをご参照ください。
http://www.jasso.go.jp/scholarship/h24_suishinkaigi.html

 

 

【ベトナム教育訓練省正月休暇のご案内】2013.1.17
ベトナム教育訓練省より正月休暇の連絡がありましたのでご連絡申し上げます。
認証発行業務も期間中は行なわれませんので、ご利用の際はお早目にお願いいたします。

■休暇期間
2013年2月9日〜18日
*現地大学・高校も同時期は休みになるとの事です。

■JaLSAへの定期便について
2013年2月16日の定期便(ベトナムから発送)は、2月22日に変更になります。

 

【平成25年賀詞交歓会及び第21回JaLSA教育・文化懇話会のご案内】2012.12.17
平成25年のJaLSA新年賀詞交歓会と第21回JaLSA教育・文化懇話会を下記の要項にて開催いたします。
日中関係悪化の中、中国では習近平を中心とする新体制が発足しました。今後の日中関係につきましては、日本語教育機関の皆様の関心も深いと思われます。そこで、「これからの日中関係を考える」という題で日経新聞論説委員、元北京総局長の飯野克彦氏をお招きしお話しを伺います。
また、教育・文化懇話会終了後、引き続き新年賀詞交歓会を行ないます。万障お繰り合わせの上ご出席くださいますようご案内申し上げます。

日時: 平成25年1月17日(木)
会場: 中央大学駿河台記念館

第1部:「第21回JaLSA教育・文化懇話会」
会場: 330号室 15:30〜17:30
テーマ: 「これからの日中関係を考える」
講師: 日本経済新聞 論説委員 元北京総局長 飯野克彦氏

第2部:「平成25年賀詞交歓会」
会場: 670号室 18:00〜19:30

会費: 5000円

申込用紙(PDFファイル)

 

【第8回JaLSA日本語教育研究ゼミのご案内】2012.11.23
第8回日本語教育研究ゼミは獨協大学国際教養学部言語文化学科教授、中西家栄子先生に「これからの日本語教育」についてお話し頂きます。当日は日本語教師の抱える問題についてのグループワークも予定しております。多数の教務の先生方のご参加をお待ちしております。

テーマ:第1部「これからの日本語教育」 第2部グループワーク
日時:平成25年1月25日(金) 15:00〜18:00(14:30〜受付)
場所:中央大学駿河台記念館 330号室
講師:獨協大学国際教養学部言語文化学科教授 中西家栄子先生
会費:JaLSA会員:1000円 非会員:2000円
定員:40名
申込用紙(PDFファイル)

 

【留学生通信第4号の発行について】2012.11.23
この度JaLSAでは『留学生通信第4号』を発行致しました。HPにて発信しております記事・コラムや、JaLSA日本語教育研究ゼミ、JaLSA教育文化懇話会の講演内容などを掲載しております。JaLSA会員、賛助会員の皆様には近日中にお手元に届くと思いますのでどうぞ御高覧下さい。 また、1冊800円での販売も致します。ご購入希望の方は事務局までご連絡ください。

 

【栃乃洋引退 竹縄襲名 披露大相撲に参加された学校様へ】2012.10.10
平成24年9月29日に行なわれました栃乃洋引退相撲は新横綱日馬富士の土俵入りもあり盛大に無事終了いたしました。JaLSA特別席でご観覧頂いた学校の皆様、ありがとうございました。また、次の機会がございましたらご連絡いたしますのでよろしくお願いいたします。

 

【第13回JaLSA進学フェア参加申し込み開始】2012.9.14
日本語学校の進学相談者と大学・専門学校の学生募集担当者を結ぶ日本で唯一のBtoBイベントです。過去12回の進学フェアでは多数の大学・専門学校・日本語学校が参加し、大変好評を頂いております。是非ご参加ください。また、進学フェア終了後懇親会も予定しております。

開催日時:2012年10月24日(水)14:20〜17:30
会場:中央大学駿河台記念館281号室(東京・御茶ノ水)
お問い合わせ:JaLSA進学フェア事務局 翰林日本語学院 担当:長岡陽子
TEL:045-983-2228 FAX:045-983-5373
詳細は下記のご案内をご覧ください。

日本語学校用案内(PDF)

大学専門学校用案内(PDF)

 

【第20回JaLSA教育・文化懇話会のご案内】2012.8.30
今回のJaLSA教育・文化懇話会は「ベトナム人のものの見方、考え方」について、東京農工大学准教授竹内郁雄先生にお話し頂きます。
近年ベトナムからの留学生は増加しています。学校経営者並びに教務の先生方のご参加をお待ちしております。

テーマ:「ベトナム人のものの見方、考え方」
日時:平成24年9月11日(火) 17:30〜19:30(受付:17:00)
場所:中央大学駿河台記念館330号室
講師:東京農工大学准教授 竹内郁雄先生
会費:JaLSA会員 無料 非会員 1000円
定員:50名

申し込み用紙

 

【第7回JaLSA日本語教育研究ゼミのご案内】2012.7.10
第7回JaLSA日本語教育ゼミは文部科学省高等教育局学生・留学生課松尾課長にお話し頂きます。奮ってご参加ください。

テーマ:「我が国の留学生受入れ政策について」
日時:平成24年7月20日(金) 17:00〜19:00
場所:中央大学駿河台記念館
講師:文部科学省 高等教育局学生・留学生課 課長 松尾泰樹氏
会費:JaLSA会員 無料 非会員 1000円
定員:50名

申し込み用紙

 


【第4回JaLSA関西及び九州懇話会のご案内】2012.7.10
第4回関西、九州懇話会を開催いたします。今回も財団法人入管協会専務理事佐藤修先生(元大阪入管局長)をお招きし、「新たな在留管理制度について」お話し頂き、その後意見交換会を行ないます。関西、九州地区の日本語教育機関の皆様のご参加お待ちしております。

関西懇話会
日時:平成24年7月18日(水)16:00〜18:00
場所:清風情報工科学院 日本語科
関西申し込み用紙

九州懇話会
日時:平成24年7月23日(月)14:00〜17:00
場所:林英ビルBホール
九州申し込み用紙

 

【第19回JaLSA教育・文化懇話会のご案内】2012.5.7
第19回JaLSA教育・文化懇話会は産経新聞社特別記者・編集委員兼論説委員の田村秀男先生をお招きし、『欧州危機と日本・中国経済の動向』をテーマに開催いたします。奮ってご参加ください。

テーマ:「欧州危機と日本・中国経済の動向」
日時:24年5月22日(火)18:00〜20:00
場所:中央大学駿河台記念館620号室
講師:産経新聞社特別記者・編集委員兼論説委員 田村秀男先生
会費:JaLSA会員 無料 非会員:2000円
定員:50名


申込み用紙(PDF)

 

【第12回JaLSA進学フェア 参加申し込み開始】2012.4.24
日本語学校の進学相談者と大学・専門学校の学生募集担当者を結ぶ日本で唯一のBtoBイベントです。是非ご参加ください。
また、進学フェア終了後懇親会を予定しております。

開催日時:2012年6月21日(木)14:20〜17:30
会 場:中央大学駿河台記念館281号室(東京・御茶ノ水)
お問い合わせ:JaLSA進学フェア事務局 翰林日本語学院 担当:長岡陽子
TEL:045-983-2228 FAX:045-983-5373

詳細は下記のご案内をご覧ください。

日本語学校用案内(PDF)

大学・専門学校用案内(PDF)

 

【法務省告示校一覧】2012.2.25

このたびJaLSAにて『法務省告示校一覧』を作成いたしました。
この一覧は法務省の「告示された日本語教育機関等(http://www.moj.go.jp/content/000049609.pdf)」ファイルと『官報』を基とし、住所や電話番号等を加筆して作成したものです。

 

【普天王引退 稲川襲名 披露大相撲に参加された学校様へ】2012.2.3

平成24年1月29日に行なわれました普天王引退相撲は盛大に無事終了したしました。JaLSA特別席での普天王引退相撲にお越しいただいた学校の皆様ありがとうございました。留学生も喜んだのではないでしょうか。また、次の機会がございましたらご連絡いたしますので、よろしくお願いいたします。

 

[第18回JaLSA教育・文化懇話会/平成24年賀詞交歓会のお知らせ]2011.12.26

平成21年7月15日、「出入国管理及び難民認定法及び日本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例法の一部を改正する等の法律」が公布され、新たな在留管理制度が平成24年7月から導入されます。 そこで、今回の教育・文化懇話会では、入管協会の佐藤修先生をお招きしお話を伺います。教育・文化懇話会終了後には、新年賀詞交歓会を行います。

第1部「JaLSA教育・文化懇話会」
日 時:平成24年1月25日(水)16:30〜18:00
会 場:中央大学駿河台記念館
会 費:JaLSA会員 無料 非会員1000円/一人
テーマ:新たな在留管理制度について
講 師:財団法人入管協会専務理事 佐藤修氏

第2部 賀詞交歓会
会場:1Fレストラン「プリオール」
時間:18:30〜20:00
会費:5000円

申し込み用紙(Wordファイル)

 

[第5回JaLSA「日本語教育ゼミ」のご案内]2011.12.26

第5回は株式会社きぼうコンサルティング代表取締社長・翰林日本語学院役員の繁田克彦先生をお招きして『日本企業が求める外国人の人材像』をテーマに開催いたします。奮ってご参加ください。

テーマ「日本企業が求める外国人の人材像」
日時:24年1月20日(金)14:00〜16:30
場所:中央大学駿河台記念館 620号室
講師:株式会社きぼうコンサルティング 繁田克彦氏
会費:JaLSA会員 無料 非会員1000円
定員:50名

申し込み用紙(会員 Wordファイル)

申し込み用紙(非会員 Wordファイル)

 

[JaLSAニュース]2011.11.1

日本武道館平成二十四年 鏡開き式 武道始め』のご案内

財団法人 日本武道館 様より、『鏡開き式 武道始め』のご案内を頂きました。
日本の文化・伝統武道9種目を一日でご覧いただける貴重な機会です。
無料でご自由にご観覧いただけますので、ぜひ学生にご紹介ください。

日  時:平成2419日(月・祝)正午より開会
会  場:日本武道館大道場
内  容:日本武道館鏡開き式、武道9種目の模範演武、武道始め稽古会
お問合せ:財団法人日本武道館 振興課 TEL 03−3216−5134

事前申し込みは不要ですが、学校単位で団体での観覧をご希望の場合は、財団法人日本武道館 振興課まで事前にご連絡いただければ、可能な限りまとまった座席の確保をして頂けるそうです。
詳しくはこちらへ

 


[JaLSAニュース]2011.9.12
【JaLSAベトナム教育認証制度】 認証手数料改定(一部値下げ)のお知らせ

 昨年より開始したベトナム教育認証制度ですが、すでに80通を超える認証書が発行され、
ベトナム学生の日本留学に大きく役立てられてきました。
この度、認証機関であるベトナム教育訓練省CEPECEより、ベトナム学生の更なる日本
留学促進と、認証制度利用促進のため、下記のとおり一部発行手数料を値下げする旨の
連絡がありましたので、お知らせいたします。

                           記

1. 実施日   2011年9月〜
2. 認証手数料  (旧料金)一律 認証書1通あたり 30ドル  (送料別途  1通あたり 25ドル)
               ↓
            (新料金)
      @ 高等学校 卒業証書   
      A 短期大学 卒業証書
      B 大学 卒業証書

           従来通り  認証書1通あたり 30ドル  (送料別途  1通あたり 25ドル)*
                  *ただし、同一の学校宛に@〜Bの認証書を5通以上まとめて
                  発送の場合は2通分の送料を割引

      C 大学入試統一試験結果  
      D 高等学校 成績及び卒業(仮)証明
        (卒業後、卒業証書が発行されるまでの間卒業証書に代わる証明)

                認証書1通あたり30ドル  (送料込)
                  *同一の学校宛にCDの認証書をセットで発送の場合、2通目は15ドル

               
                                                          以上
本件に関するお問い合わせ先 
   JaLSA事務局 ベトナム認証担当
TEL : 03-3292-3232
E-mail : vietnam@jalsa.jp

 


[JaLSAニュース]2011.9.1
[第11回JaLSA進学フェア 参加申込受付開始]

日本語学校の進学相談担当者と大学・専門学校の学生募集担当者を結ぶ
日本で唯一のBtoBイベントです。
是非ご参加ください。

開催日時:2011年10月13日(木)14:20〜17:30

会   場:中央大学駿河台記念館281号室(東京・御茶の水)

問合せ先:JaLSA進学フェア事務局 翰林日本語学院 担当:長岡陽子
       TEL:045-983-2228 FAX:045-983-5373


詳細は下記のご案内をご覧ください

日本語学校用案内

大学・専門学校用案内

 

[JaLSAニュース]2011.5.30
薬物銃器対策係との連携を

 最近留学生が薬物事件などに巻き込まれるケースが増えています。
日本語学校の皆様は現在学生の交通安全のために各警察署の交通課などと連絡を取り合い説明会などを開いていることと思います。
  同様に刑事課には薬物銃器対策係がありますので、是非各地域の警察署の刑事課・薬物銃器対策係に連絡をとり、説明会などを開くのがいいのではないかと思います。

 

[JaLSAニュース]2011.5.26
賛助会員CHSI日本様からの情報提供です。

●中国政府教育部公認の高等教育機関2,429校の全リスト

 去る4月29日、中国の高等教育機関のうち、中国政府教育部が「高等学歴教育のための正式な学生募集資格がある」と認めた学校のリストの2011年版が発表されました。計2,429校分のリストを掲載しました。

 つい先日もある地方入国管理局から「卒業証書を提出されたが、その学校は正式に教育部に認められた学校なのか」という問い合わせがありました。折しも入手したばかりのリストにはその学校は入っておらず、念のために学生をオンライン認証にかけてみましたがやはり認証はできませんでした。
  中国では学生が正式な高等教育機関であると思っていた学校が実は教育部公認校ではなかったというような事例も多く、教育部では学生にもこうしたリストでしっかりと確認するように指導しています。

記事掲載頁のURLは以下となります。
(尚記事をご覧になるには無料の会員登録が必要となります)

中国政府教育部公認の高等教育機関
[ 全日制大学(本科) 820校 ]  http://www.chsi.jp/cn_news/2011/05/2011_517_1.php
[ 専科大学 1,228校 ]  http://www.chsi.jp/cn_news/2011/05/2011_517_2.php
[ 独立学院 311校 ] http://www.chsi.jp/cn_news/2011/05/2011_517_3.php
[ 分校 70校 ] http://www.chsi.jp/cn_news/2011/05/2011_517_4.php

株式会社メリットファイブ
中国高等教育学生信息網 日本代表(CHSI日本)

 

[JaLSAニュース]2011.5.11
JaLSA賛助会員の株式会社メリットファイブ中国高等教育学生信息網 日本代表(CHSI日本)では現在留学生が日本へ戻ってくるようにと日本の安全な様子を教育部サイト「日本頻道」で紹介しています。
是非ご協力ください。

以下CHSI日本からのメッセージです。


【留学生よ、帰れ日本へ】

日頃はお世話になりありがとうございます。
CHSI日本でございます。
震災、原発事故による留学生の日本離れはまだまだ終息と言うには程遠く、日本語学校各校様も苦慮なさっていることと存じます。
直接母国に赴き、留学生や父母に向けて安全に関する説明、説得をされている日本語学校様の話も数多く伺います。そうしたことの積み重ねが、少しずつでも日本に留学生を呼び戻す力になっていくことを信じてやみません。
そのような中、CHSI日本としても以下のようなことで微力ながら皆様のお力になれればと考えております。

CHSI日本は中国政府教育部の公式ポータルサイト「中国高等教育学生信息網」の中で日本留学情報専門サイト「日本頻道」を運営しております。専ら中国から日本への留学を目指す学生が訪れる専門サイトとなります。大地震のあった本年3月にはそうした学生が約15,000名訪れ、約43,000ページを閲覧していきました。
アクセス数自体は決して大きくありませんが、日本の教育機関に関心を持っている学生に絞って情報を発信できるという点で、伝達効率の良いサイトであると自負しております。

対象国は中国に限られますが、JaLSA様に於かれましても留学生の日本復帰のために上記日本頻道をご活用いただければと存じます。
地震や原発事故に関係なく、あるいはそれらを乗り越えて、今、普通に学園生活を送っている学生がいるということを、渡日を躊躇っている中国の学生とその親御さんたちに報せてあげてください。
学期が始まり学生たちが真剣に学ぶ授業の様子、震災時も日本に残った留学生たちの日常生活等々を、文章や写真でお寄せ下さい。日本頻道に掲載し、中国から日本の様子を窺っている留学生やその父母に直接お届けします。

以下は既に掲載されている記事です。

・日本語学校生徒によるお花見の様子
http://jp.chsi.com.cn/topics/2011/110420.html

・中国からの留学生が語る震災直後の日本
http://jp.chsi.com.cn/voice/110506_1.html

○文章、写真をお寄せいただく際は以下の要領でお願い致します。

※文章は200字程度にまとめてください。日本語、中国語、どちらでもけっこうです。日本語の場合はCHSI日本が責任をもって翻訳致します。

※写真は1、2点とし、それぞれに説明のキャンプションを付けてください。携帯電話で撮影したものでもけっこうです。

※文章、写真データをEメールに添付し、以下のアドレスにお送り下さい。
info@chsi.jp

※掲載料等費用は一切いただきません。

皆様の投稿をお待ち申し上げます。

 

 

[JaLSAニュース]2011.5.2
東北地方太平洋沖地震被災地域への義捐金について

JaLSAでは、震災直後より被災地域の日本語学校で学ぶ学生支援のための義捐金を募ってまいりましたが、5月10日を以ちまして、銀行振込みによる受付を締め切らせていただきます。
これまでに、ご支援・ご協力下さいました皆様に心より感謝致します。
5月10日以降にご入金を予定されていた方、また今後ご支援・ご協力くださいます方は、お手数ですが、JaLSA事務局までご連絡くださいますようお願い致します。

 

[JaLSAニュース]2011.5.2
ベトナム認証制度に関する変更点

 表記の件につき、このたび、CEPECE(ベトナム教育訓練省)より認証書発行に関する報告を受け、全国日本語学校連合会はCEPECEとの協議の結果、下記の通り発行する認証書の種類について変更することとなりましたのでお知らせ致します。

 これまで@「高等学校卒業証書の認証書」申請と併せて、高校の成績証明書の発行を希望する学生に対し、学生の経済的負担を軽減するため、追加料金なしで、E「高校の成績及び卒業証書の認証書」を発行してきましたが、認証書の申請件数増加に伴い、ベトナムの地方の高等学校における成績データの管理状況や通信設備の不備等により、成績の確認作業が難しい、あるいは確認ができないといった状況が頻発してまいりました。
つきましては、認証制度運用上、成績証明書を常時確実に発行できない現状では、入国管理局に対し認証書への不信感を与える可能性があることから、E「高校の成績及び卒業証書の認証書」発行を中止することと致しました。

 今後は、@「高校卒業証書の認証書」を申請の上、高校成績証明書につきましては、認証制度発足前同様、現地校が発行したものをご使用くださいますようお願い致します。

ご不便をお掛けしますが、ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

認証書の種類  ○発行できるもの  ×発行できないもの

 

変更前

変更後

@高等学校 卒業証書

A短期大学 卒業証書

B大学 卒業証書

C大学入試統一試験結果

D高等学校 成績及び卒業(仮)証明

E高校の成績及び卒業証書

×

 

[JaLSAニュース]2011.4.12
東北地方太平洋沖地震被災地域への義捐金
経過報告

3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震によって、東北地方を中心に大きな被害が発生しています。
全国日本語学校連合会では、被災地域の日本語学校で学ぶ留学生を援助するための義捐金を募っております。
JaLSA会員をはじめとする多くの方々によるご支援・ご協力により、これまでに 570,000円 の義捐金が集まりました。 この義捐金から、まず第1回目の支援として、宮城県・福島県・茨城県のJaLSA会員校7校に対し、1校あたり80,000円を配分することとなりました。
引き続き義捐金を受け付けておりますので、今後お寄せいただいた義捐金は第2回の支援として、適切に配分いたします。
皆様の温かいご支援。ご協力をお願いいたします。

全国日本語学校連合会 理事長 荒木幹光   副理事長 泉岡春美

義捐金 振込先: 群馬銀行 与野支店(375) 普通預金 口座番号 0167110
一般社団法人 全国日本語学校連合会
シヤ)ゼンコクニホンゴガツコウレンゴウカイ

 

[JaLSAニュース]2011.3.18
法務省入管局へ 地震に伴う特例処置に関する請願書 を提出

2011年3月16日午後、JaLSAは「東日本巨大地震の発生にj伴う留学生に係る特例処置について」の請願書を、法務省入管局局長宛てに提出し、下記の2点についてお願い致しました。これにつきまして法務省入管局から回答があり次第、当ホームページにてお知らせいたします。また、東京入国管理局留学審査部門、横浜支局留学・研修審査部門へも、財団法人入管協会の佐藤専務理事とともに、同様の請願書を提出致します。

請願内容:

1.4月期入学の留学生に係る在留資格認定証明書の取扱いについて
4月期入学予定の留学生については、本年2月25日に在留資格認定証明書交付をうけており、その有効期限となる5月25日までに該当査証を取得し、入国審査官に提出、上陸申請しなければならないが、入国審査官に対し在留資格認定証明書が交付されてから6月以内に同証明書を提出し上陸申請することとする特別措置として頂くこと。

2.7月期及び10月期に日本語教育機関への入学を予定とする在留資格認定証明書交付申請期間の変更について
7月期及び10月期に係る留学生の在留資格認定証明書交付申請について一定の期間が定められているが、それぞれの申請期間を1カ月先の一定期間、例えば3月29日の一斉申請日を4月30日に先送りした申請日として頂くこと。

 

[JaLSAニュース]2011.3.14
東北地方太平洋沖地震被災地域への
義捐金のお願い

 3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震によって、東北地方を中心に大きな被害が発生しています。
東北地方には11校の日本語学校があります。現在のところ詳細は不明ですが、これらの学校に在籍する学生は、アパートが破損して住むことができない、アルバイトが無くなって直接・間接的に被害を受けて、大変な困難に直面する可能性があります。
そこで、全国日本語学校連合会では、被災学生を援助するための義捐金を募ることにいたしました。
本連合会の副理事を務める学校も被災いたしましたが、幸いにも重大な被害がなかったようでありますので、集まった義捐金は被災状況を確認の上、現地の副理事を通じて最も適切と思われる形で学生にいきわたるようにいたします。
皆様の温かいご支援。ご協力をお願いいたします。

全国日本語学校連合会 理事長 荒木幹光

義捐金 振込先: 群馬銀行 与野支店(375) 普通預金 口座番号 0167110
一般社団法人 全国日本語学校連合会
イツパンシヤダンホウジン ゼンコクニホンゴガツコウレンゴウカイ

 

[JaLSAニュース]2011.3.11
賛助会員のCHSI日本様よりお知らせです。

●法務省がCHSIの学歴等認証書を審査の参考にすると明言

 中国高等教育学生信息網 日本代表(CHSI日本)がご案内しております中国人留学生の学歴等認証につきまして、従来地方入国管理局が参考にしていた認証書と様式が異なるため、提出に際し不安があるとの声が日本語学校様よりも寄せられておりました。
かかる事態を解消すべく、CHSI日本では法務省入国管理局在留課様にCHSIの認証書が中国政府教育部の管理するデータベースに基づいて発給されるものであり、権威性、信頼度等に於いて何ら問題のないことをお伝えし、善処していただくようお願いをしておりました。
その結果、2011年3月8日(火)、法務省入国管理局入国在留課様よりCHSI日本宛て、Eメールにて「CHSI日本代表を通じて中国のCHSIが認証した学歴等について、提出があれば審査の参考とします」とのご連絡をいただきました。
法務省入国管理局入国在留課様では、既に3月初めに全国の地方入管に対し、本件について情報の周知を行っていただいたとのことです。
これを受け、CHSI日本では今後中国人学生の学歴等認証に関するサービスに、より一層力を入れて取り組んで参る所存です。
上、取り急ぎご報告申し上げます。

※本件に関する記事は「中国高等教育・学生情報NET」下記URLに掲載しておりますのでご高覧下さい。
http://www.chsi.jp/jp_news/2011/0310.html

中国高等教育学生信息網 日本代表(CHSI日本)
東京都中央区銀座8-16-13 中銀城山ビル7F
TEL:03-6909-2235 FAX:03-3546-6768
E-mail:info@chsi.jp

 

[JaLSAニュース]2011.3.7
文部科学省 高等教育局 学生・留学生課 留学生交流室 へ要望書提出

2011年2月23日、JaLSA理事長と理事4名が、文部科学省 高等教育局 学生留学生課長 松尾泰樹氏にお目にかかり、要望書を提出しました。
内容は、主に財団法人日本語教育振興協会に対して、管掌官庁として適切に指導をして下さるよう要望するものです。
併せて次の2点についてもお願いを致しました。
1. JaLSA会員の日本語学校の向上のために、JaLSAが行う研修・研究への講師派遣等の協力要請
2.株式会社設立の日本語学校に対しても、学校法人と同様の御指導・御鞭撻をいただけるよう請願。

 

[JaLSAニュース]2011.3.4
私費外国人留学生学習奨励費給付制度に係る事務手続きについて

すでにご存じのこととは思いますが、再確認です。

独立行政法人日本学生支援機構の私費外国人学習奨励費給付制度(日本語教育機関)につきましては、従来、財団法人日本語教育振興協会が推薦書等の取りまとめをおこなっていましたが、平成23年度採択、予約分以降については、日本学生支援機構から、直接、日本語教育機関宛てに通知され、書類等も、日本学生支援機構へ直接提出することになりました。
事務手続きの詳細につきましては、日本学生支援機構からのお知らせをご覧ください。


問い合わせ先:
独立行政法人日本学生支援機構
留学生事業部留学生事業計画課 国際奨学室
学習奨励費担当
(TEL) 03-5520-6030
(FAX) 03-5520-6031

 

[JaLSAニュース]2011.2.14
賛助会員のCHSI日本様よりお知らせです。

●JASSO編集「留学交流」1月号でCHSI学歴等認証システムが紹介されました。

 皆様ご存知のように、日本学生支援機構(JASSO)編集の月刊誌「留学交流」は、教育機関で留学関連のお仕事をされている方の間では権威ある雑誌としてつとに知られています。
その「留学交流」1月号(1月11日発売 時評社刊)に、私たちCHSI日本が普及に取り組んでいる「学歴等認証システム」の解説記事を寄稿させていただきました。
『中国人留学生の「質の確保に」に向けた学歴等認証システムの普及・促進への取組』と題し、4ページにわたって認証システム自体から中国政府教育部に於けるCHSIの位置づけまで、分かりやすく解説させていただいております。
JASSO様のご許可をいただき、サイトでPDF版をご覧になれるように致しました。

URLは以下となりますので是非ともご覧ください。

http://www.chsi.jp/right/cont/ryugakukouryu.pdf

中国高等教育学生信息網 日本代表(CHSI日本)
東京都中央区銀座8-16-13 中銀城山ビル7F
TEL:03-6909-2235 FAX:03-3546-6768
E-mail:info@chsi.jp

 

 

[JaLSAニュース]2011.1.28
日本語教育振興協会へ申し入れ

 2011年1月、一般社団法人全国日本語学校連合会(JaLSA)は、飯田法律事務所 飯田数美弁護士を通じ、財団法人日本語教育振興協会へ下記の申し入れを行いました。
 また、文部科学省へもこの件に関し、日振協に御指導いただくようお願いしました。

申し入れ内容
1.当会に加盟する日本語教育機関(以下、「当会加盟校」という。)は、その設立時には貴会に審査料を支払って審査を受け、日本語教育機関として適正な設備及び編制を有していることを証明頂き、この証明に基づき法務省から告示を頂いて認可され、設備及び編制に変更があった場合のほか3年毎の更新の際には、改めて貴会に審査料を支払い、併せて会費も納めてまいりましたところ、去る昨年5月24日に行われた内閣府行政刷新会議による事業仕分けの結果、貴会が日本語教育機関の審査・証明事業を独占的に行っていることについて法令上の明確な根拠を欠き「廃止」と評価されたことは公知のとおりです。

2.一方、貴会は営利を目的としない財団法人であるにも拘らず、会計検査院の調査により剰余金である内部留保額(現在ではその殆どが「基金」に名を変えているとの報道がある)が年間支出額の1.5倍に達していることが明らかになっているのであって、この内部留保金から貴会が国から受けた補助金を控除した残額については、本来ならば当会加盟校を含む認定日本語教育機関が納入する必要のなかった更新料・会費等累積額が相当程度含まれているものと思料しております。

3.ついては、当会は貴会に対し、上記事業仕分けの評価を踏まえ、貴会が既に徴収した審査料・会費等について、これを納入した日本語教育機関に速やかに還付されるよう、本状をもって申し入れる次第です。

 

[JaLSAニュース]2011.1.19
・賛助会員RJC様よりセミナーのご案内

株式会社・移民情報機構
代表取締役・編集長 石原進

「第一回留学生政策を考える公開セミナー」
ご参加のお願い

拝啓 時下ますますご清栄のことと存じます。
平素はひとかたならぬお引き立てを賜りまして、心より御礼を申し上げます。
さて、私たち移民情報機構は、文部科学省の氷見谷直紀留学生交流室長を講師としてお招きして下記のようなセミナーを企画しています。
文部科学省は昨年、留学生の日本語教育に関する懇談会を設けて議論のとりまとめを公表したほか、新たに「高等教育機関に進学・在籍する外国人学生の日本語教育に関する検討会議」を設置し、日本語教育機関の位置づけや教育の質の保証などについて議論を始めているところです。こうした中で、セミナーでは日本語教育に関わるより多くの方々に文部科学省側の方針を知っていただくとともに、留学生政策に関する議論を深めていきたいと考えています。なお、今回のセミナーに続き、厚生労働省、法務省入管局などから講師を派遣していただき、様々な角度から留学生政策を取り上げる方向で、関係機関と調整しています。つきましては、第一回セミナーにふるってご参加いただけますよう、お願い申し上げます。今回の会場は日本学生支援機構東京日本語教育センター(JR大久保駅徒歩7)です。事前申込が必要です。 
敬具

留学生政策を考える公開セミナー

・ 実施要綱
名  称  第一回留学生政 策を考える公開セミナー
主  催  活レ民情報機構(RJC)
後  援  (関係団体に要請中)  
講  師  文部科学省高等教育局学生・留学生課学生交流室 室長  氷見谷直紀氏
日  時  2011129日 午後4時から午後6時まで
会  場  日本学生支援機構東京日本語教育センター 東京都新宿区北新宿3丁目227号 Tel 03-3371-7267
JR総武線「大久保駅」北口徒歩10分 同  「東中野駅」東口徒歩 8

地  図

大きな地図で見る  

参加費 (資料費等)
一般 2,000
会員 1,000円 (RJC)

・定  員  120名 (定員になり次第締め切ります)

・申込方法  事前に下記の申込書によりお申込みください。

・当日の予定
15:30 受付開始
16:00 開会の辞  移民情報機構  石原 進
16:10 基調講演  留学生交流室長 氷見谷直紀
17:10 休憩
17:20 質疑応答
18:00 閉会

※参加申込書は下記になります。MailまたはFAXにて、お申込み下さい。

申込書はこちら

☆移民情報機構RJC(留学生情報センター)
☆〒173-0025東京都板橋区熊野町45-5-901
TEL/FAX 03-3959-9730 携帯090-9132-0077
URL http://imin-rjc.jp/index.php

 

[JaLSAニュース]2011.1.18
日本語学校 倫理規定について

こちらをご覧下さい・・・(Wordファイル)


TOP |組 織 定 款 | ニュース | 記事・コラム | 活動の歩み | イベント |

Copyright(c) 2012. JaLSA.All Right Reserved.